1. TOP
  2. 猫が尿路結石になった!治療費や手術代にはいくらかかる?
Sponsored Links

猫が尿路結石になった!治療費や手術代にはいくらかかる?

 2016/08/18 病気
  12,977 Views

猫のおしっこの出が悪かったり
キラキラ光ったりしていたら、
尿路結石になっている可能性があります。

尿路結石とは、
腎臓・尿管・膀胱・尿道の中に
結晶や結石ができる病気です。

結晶や結石が詰まって
おしっこがでなくなったり、
血尿が出たりします。

cat0084-066

尿路結石だとしたら、
だいたいどのくらいの治療費や手術代
かかるのでしょうか。

病院に行く前に
覚悟をしておきたいですよね。

今回は、

  • 猫の尿路結成黄の治療費用
  • 治療すれば完治するのか

についてまとめました。

Sponsored Links

猫が尿路結石と診断された!治療費用はどれくらいかかる?

猫が尿路結石と診断されたら、
治療費はどのくらいかかるのでしょうか。

猫 寄生虫撲滅1

尿路結石の治療には、

  • 投薬治療
    ・・・結石を溶かす薬を投与する
  • カテーテル治療
    ・・・尿道にカテーテルを挿入して
       洗浄し、詰まっている結石を
       取り除く
  • 手術
    ・・・膀胱や腎臓にある結石を
       手術によって取り除く

の3つの治療方法があり、
治療費は治療方法によって異なります。

尿路結石の治療費
●投薬治療
 ・・・2000~5000円程度
●カテーテル治療
 ・・・5000~1万円程度
●手術
 ・・・3~10万円程度
     
この他、
・診察料:500~3000円
・尿検査:1500~3000円
・処置代:500~1500円
・入院費:5000~1万円/日
などがかかります。

 

まとめると、

  • 軽症で投薬治療のみで済む場合
    ・・・4500~12500円程度
  • カテーテル治療で済む場合
    ・・・7500~17500円程度
  • 重症で手術が必要な場合
    ・・・37500円~

が相場です。

Sponsored Links

治療や投薬が必要な期間はどれくらい?

治療は投薬は
どのくらいの期間
続けないといけないのでしょうか。

 

症状の程度によりますが、
だいたい

  • 投薬治療
    ・・・1~2週間
  • カテーテル治療
    ・・・2~3週間
  • 手術
    ・・・2~4週間

程度の期間、
治療の継続が必要です。

fbd91f280583b47e56f450c89a2fffad_s

尿路結石は一度治っても
再発する可能性が高い病気です。

そのため、完治した後も
処方食や療法食などの食事療法
続けなくてはいけないことが多いです。

また、
定期的な健康診断と尿検査も必要です。

ご紹介した期間が過ぎたとしても、
継続的な治療・療養と病院代が必要だと
覚悟しておきましょう。

 

尿路結石について、
その予防法や症状をまとめた
わかりやすい動画をご紹介します。

1分10秒と短いのに
とても勉強になる動画なので、
ぜひご覧ください♪

手術は必要?手術費用はどれくらい?

尿路結石の治療法の1つとして
’’手術’’をご紹介しましたが、
本当に尿路結石で
手術が必要なのでしょうか。

 

残念ならが、答えは「Yes」です。
手術が必要な場合もあります。

 

尿路結石でもっとも多いのは、
膀胱に結石が溜まるパターン
尿道に結石が詰まるパターンです。

100123fus_005

このパターンなら、
薬やカテーテルによって
結石を除去しやすいため、
手術が必要になるケースは少ないです。

しかしまれに、
腎臓や尿道に結石ができる場合があり、
これは投薬やカテーテルでは
結石を除去しにくいため、
手術が必要となるケースが多いのです。

 

体のどの部分に結石ができているのかは、
飼い主では判断できません。

獣医師の診断と検査を受けてから、
治療方法を決定していくことになります。

獣医さんとよく相談して、
最適の治療法を選んであげてくださいね。

尿路結石はきちんと病院で治療すれば完治するの?

ときに手術も必要になる尿路結石、
怖い病気ですよね。

きちんと病院で治療すれば、
完治するのでしょうか?

 

Sponsored Links

 

答えは『Yes!』です。

ちゃんと治療すれば、
ほぼ100%治ります。

201407192344091fas

たいていの尿路結石は、
投薬治療とカテーテル治療で治ります。

投薬は自宅でできますし、
カテーテル治療でも
日帰りが可能です。

手術しか方法がなかったとしても、
心臓や肺に持病がなければ
さほどリスクの高い手術ではありません。

 

尿路結石は症例が多い分
経験のある獣医師も多いですし、
治療も比較的手ごろなものです。

きちんと病院で治療すれば
すぐに元気になってくれますよ。

 

尿路結石は、
血尿がきっかけ
発覚することが多い病気です。

猫の血尿のことなら
こちらで詳しく解説しています。

猫の血尿が治らない!
メスとオスの場合の対処法を紹介!

まとめ

いかがでしたか?

尿路結石の治療費用は
治療法によって異なります。

  • 投薬治療の場合
    ・・・4500~12500円程度
  • カテーテルの場合
    ・・・7500~17500円程度
  • 手術が必要な場合
    ・・・37500円~

※病院や入院日数によって
費用は異なります。

 

尿路結石には比較的簡単な治療で
完治しますが、
尿路結石が進行すると、
最悪の場合死を招くこともあります。

軽度の尿路結石なら
自然治癒する可能性もありますが、
3日ほど様子を見ても改善がない場合
悪化している場合には、
すぐに病院で治療を受けましょう。

Sponsored Links



今ならペットの保険が月700円から入れる♪

ペットの健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分のペットの健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、ペットにピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

安田 葵

安田 葵

記事をご覧いただき、
ありがとうございます。

小さい頃からの動物好きで、
今は雑種犬(6歳)と暮らしています。
そろそろ猫も飼いたいね!と
家族と盛り上がっている真っ最中です。

私と同じように
猫を飼ってみたいと計画中の方や、
初めて猫を飼う方の不安を和らげ、
わくわくを増やしていけるような記事を
ご紹介していきたいと思ってます。

どうぞよろしくお願いします。