1. TOP
  2. 猫と犬!飼うならどっちがいい?3分でわかる違いとは?

猫と犬!飼うならどっちがいい?3分でわかる違いとは?

 2016/05/09 にゃんたんランキング
  7,526 Views

ペットの中で人気を二分しているのは、
猫と犬です。

そして、ペットを飼おうと決めた人が
一番最初に悩むことは、
どちらが人気
があるのか?一緒に飼うことは
可能
なのか?ということです。

そこで今回は、猫と犬の違いや同居が
可能なのかについて迫ってみたいと
思います!

 

Sponsored Links

 

猫と犬の違いを比較!飼うならどっちがいい?

 

dog-1023933_960_720

 

一般的にペットを飼うなら、猫か犬の
どっちかを選ぶ人が多いです。

でも、どっちも飼いたいけど、両方を
飼うのはムリ!という人もいるはずです。

なので、猫と犬のどっちが人気があるのか
違いを比較して、考えてみ
ましょう!

猫派or犬派!どっちが人気?

猫と犬の違い①飼育数

2015年の時点で猫は約987万匹で、
犬は約992万頭
す。

飼育数だけで見ると、人気の軍配は
犬に挙がります

ただ、2012年辺りから犬の飼育数は
数十万頭単位で減少傾向にあります。

一方、猫は横ばい傾向にありますが、
最近の猫ブームが追い風となり、犬の
飼育数を上回るのも時間の問題だと
言われています。

猫と犬の違い②種類や平均寿命

では、次に比較するのは種類の多さ
平均寿命についてです。

種類が多ければ、それだけ選択の幅
広がります。

また、ペットを飼う上で平均寿命が
長いことも大切ですよね!

では、下の表にまとめてみたので、
見てみましょう。

【種類の比較】

非公認含め約300種類
非公認含め約700~800種類

【平均寿命の比較】

15.75歳(前年14.82歳↑0.93歳UP)
14.85歳(前年14.17歳↑0.68歳UP)

種類では犬の方が多く、平均寿命では
わずかに猫の方が高いようですね。

 

どんな犬種がいるのか気になったら、
こちらの記事がおすすめです!

「”賢い犬種をランキングと写真で紹介!一番お利口な犬は?”へ移動する」

「”番犬向きの犬種ランキング!適した種類を画像で紹介!”へ移動する」

猫と犬の違い③知能の高さ

 

bernese-mountain-dog-111878_960_720

 

一般的に犬の脳は猫の脳よりも大きいため、
犬の方が知能が高い
考えられています。

また、猫の脳には実質的な変化が見られず、
犬には数千年前から絶えず成長している
ことが分かっています。

ただ、猫も負けていません!猫は犬に
比べて大脳皮質にあるニューロンの

数が多いことが分かったからです。

猫が3億のニューロンを持っていますが
犬は1億6千万しかありません。

このことから、猫は犬よりも情報処理に
長けているということが分かります。

 

 

Sponsored Links

 

猫と犬の違い④性格

猫は単独行動を好む、自由気ままな
マイペースの動物です。

飼い主に甘えるときも、ひとりに
なるときも、全て猫の気分次第です。

一方、犬は群れで行動する動物で、
常に飼い主に従順で飼い主のそばを
離れません。

忠犬ハチ公を想像してみると、
分かりやすいかもしれませんね。

 

性格の優しい猫や犬を探すなら、
こちらの記事もおすすめ!

「”優しい性格の猫ランキング!初心者でも飼いやすい種類は?”へ移動する」

「”おとなしい犬種ランキング!性格が優しくて吠えにくい犬は?”へ移動する」

猫と犬の違い⑤飼いやすさ

では最後に、猫と犬の飼いやすさについて
見ていきたいと思います。

どちらがあなたが思い描く理想像に
近いですか?

 

食性 肉食の傾向が強い
味覚が鋭いため好き嫌いが多い
雑食に近い肉食
味覚が鈍感で何でも食べる
運動 室内での上下運動で十分 毎日の散歩や運動が必要
しつけ トイレや爪とぎ 飼い主がリーダーであることを教える
お手入れ 体臭があまりなく
自分でキレイにする
体臭があり
定期的なシャンプーが必要

 

仲良し?喧嘩する?一緒に飼うのは難しい!?

 

cat-and-dog-775116_960_720

 

「やっぱり、どっちかに決められない!」

そんな結論に至ったあなたには、猫と犬の
同居について見ていきましょう!

犬猫同居の飼育数の限界は?

ありきたりな回答かもしれませんが、
飼い主さんが
責任を持って育てられる数が
飼育数の限界に他ならないのです!

飼育数が増えれば、費用や飼育スペース、
散歩やトイレの片付けなど
手間が増えます

いくら動物好きな人でも、猫や犬に構って
あげられる時間が無ければ
どうなって
しまうのでしょう?

飼育数は、十分な愛情を与えられるかどうか
考えてから決めるようにしましょう!

 

どの組み合わせが同居の成功率が高いの?

その1.子猫と子犬の組み合わせが成功率が高い!

2ヶ月齢までの子猫と3ヶ月齢までの子犬
最も飼いやすい組み合わせです。

この時期の子猫と子犬は”社会化期”に
あって、好奇心旺盛でいろいろなものに
対して興味を持ち、学習していきます

なので、自然と良い遊び相手として、
一緒に成長していくことでしょう。

その2.成犬の先住犬がいて子猫を新しく迎える

 

pets-493645_960_720

 

次に成功率が高いのは、成犬が先住している
ところに子猫を迎え入れるパターンです。

社交性が高く子猫に何をされても気にしない
性格の優しい犬なら、子猫を我が子のように
面倒を見てくれるはずです

その3.成猫が先住しているところに子犬は注意が必要

成猫は縄張り意識が非常に強いため、
子犬でも子猫でも自分の縄張りが
荒らされる
ことに我慢できません

そのため、子犬が近づくと威嚇します。
中には、強いストレスから体調を崩す
猫もいます。

成猫と子犬を引き合わせる際は、くれぐれも
注意しましょう。

その4.成猫と成犬は喧嘩をする危険も!

 

cat-83323_960_720

 

猫と犬の同居の上で最も難しいとされる
組み合わせが成猫と成犬です。

性格によっては、大ケガをするほどの喧嘩に
発展する可能性もあります!

必ずしも猫と犬が仲良しになれる訳では
ないことを頭の
片隅に置いておきましょう!

場合によっては行動範囲を別にして、
同じ場所に居させない工夫も必要です。

まとめ

いかがでしたか?
猫と犬の違いを比較して、同居が可能か
どうかについて見てきました。

あなたは、猫派でしたか?犬派でしたか?
それとも、猫も犬も一緒に飼いたいと
思いましたか?

あなたがどれを選択するにしても、
猫や犬の特徴、あなたの生活環境など
考えた上で決めるようにしましょう!

 

Sponsored Links



今ならペットの保険が月700円から入れる♪

ペットの健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分のペットの健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、ペットにピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪

 



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

中村 あゆみ

中村 あゆみ

子供の頃から猫や犬が大好きでした。小学生のときに、友達と捨て子猫にミルクをあげて触った際にあろうことか”猫アレルギー”と発覚!!それでも、猫がいたら触らずにはいられません(*^^)v

1匹でも多くの猫が幸せに暮らせるよう、猫のオーナーさんがさらに幸せな”にゃんこライフ”を送れるよう、お役に立てる記事を執筆していきたいと思います♪

コメントを残す

*

CAPTCHA