1. TOP
  2. 猫の老衰はどんな症状が出る?寿命での最期はどんな状態?
Sponsored Links

猫の老衰はどんな症状が出る?寿命での最期はどんな状態?

病気
  15,934 Views

大事な猫ちゃんが
いつまでも長生きしてくれることは
飼い主にとって何より嬉しいことです。

特に近年はキャットフードの質が良くなり、
動物に対する医療が発達したおかげで
長生きの猫ちゃんが増えてきました。

猫も人間と同じで、
年老いてくると体に不調が出てきます。
そんな姿を見ていると、
もうそろそろお別れが近づいてきたのかも
しれないと、ふと思うこともあります。

そんな時、猫の老衰とは
どのような症状が出るのかを知っておくと、
年老いた猫の負担を和らげてあげる
ヒントになり、
飼い主としても最期の時に向け、
心構えをして備えておけたら
少しだけ心にもゆとりが出来るかもしれません。

今回は猫の老衰とは何か、
症状最期の看取り方をまとめました。
まずはじめに、
具体的な症状についてみていきましょう。

Sponsored Links

食べない・歩けない・・・猫の老衰はどんな症状が出るの?

e048209a441769baeb48af4f742ebae5_s

具体的に猫の老衰とは
どのような症状が出てくるのでしょう。

老衰が始まる年齢は猫によって違いますが、
高齢猫
食餌を食べない・水を飲まない・歩けない
などの症状が見られた場合、
まずは獣医師の診察を受け、
病気でないかを調べましょう。

老衰ではなく、
病気が原因でその症状が出ているのであれば
治療により回復したり、
症状を軽く・進行を遅く出来る
可能性もあります。

高齢猫には、
糖尿病、甲状腺機能亢進症、
副腎皮質機能亢進症、腎機能低下が多く、
これらの病気の場合も
食欲減退などの症状が出ます。

動物病院で老衰と診断されたら、
獣医師と相談の上、
もし痛みなどがある場合は取り除いてあげる
などのケアをしてあげましょう。

Sponsored Links

寿命での最期ってどんな状態?

PAK85_ohirunenuko20150109092625_TP_V

昔からよく猫は死に際に姿を消す
言われていますが、
近年は完全室内飼いの猫が多いので
家で看取る場合が増えています。

では、猫の寿命での最期
どのような状態になるのでしょう。

高齢猫は何らかの病気
疾患を持っていてもおかしくありません。
また、老衰とは
病気ひとつ無く死んでいくのではなく
老化により多機能不全を起こすことであり、
腎機能心機能が著しく低下した末に起こる
腎不全心不全肺炎などが
老衰死の本当の原因
となることがほとんどです。

そのため、猫の老衰の症状により
最期がどのような状態になるかは
一概には言えませんが、
老衰に陥り、寝たきりになった猫が
全く水を受け付けなくなる最期が近い
覚悟をしておくべきだそうです。

猫ちゃんがそろそろかな?と思ったら、
かかりつけの獣医師に、
どんな時は動物病院の受診が必要か、
どんな症状なら
このまま家で看取ってあげたら良いのか
聞いておくといざという時に不安にならずに
対応出来るかもしれません。

猫の寿命!何歳頃まで生きられるの?

0a9f1bfa29ff2d57f05b78caeafbecc2_s

猫の平均寿命は、
オス猫が13.3歳メス猫が14.3歳です。

ギネス記録に残っている
これまでの世界最高齢の猫は
38歳(人間でいうと168歳!)だそうです。
日本国内でのこれまでの
最高齢36歳の「よも子」ちゃん
(「さん」付けの方が良さそう)。
上野動物園から
表彰を受けたこともあるそうです。

猫は7歳を過ぎた頃からシニアと呼ばれ始め、
10歳を超えると高齢
15歳以上は人間でいうと80歳以上の超高齢
になります。

7歳頃からシニア向けのフードに変える、
あまり動かなくなり爪とぎもしなくなるので
定期的に爪を切ってあげる
寝ている時間が徐々に長くなるので
寝ている時はそっと寝かせてあげるなど、
日常生活にも
少し気を付けてあげると良いですね。

まとめ

私が昔飼っていた犬は
病気で死んでしまったので、
ペットを老衰で看取った経験がありません。
介護は想像以上に大変なものですよね。
年老いて苦しそうな姿を見ることも
とても辛いでしょう。
でも最期まで大好きな人
一緒にいられる猫ちゃんは
きっと幸せでいっぱいだと思います。
動物病院の先生とも相談の上、
出来る限りのことをして
看取ってあげたいですね。

Sponsored Links



今ならペットの保険が月700円から入れる♪

ペットの健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分のペットの健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、ペットにピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪



\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

動物の母

動物の母

犬や猫など、たくさんの動物と暮らしています。
小さい時から動物が大好きで、犬と共に育ちました。

私のこれまでの経験がお役に立ったら嬉しいなと思っています。
よろしくお願いいたします♪

コメントを残す

*

CAPTCHA