1. TOP
  2. 猫が流動食でも吐く時はどう対処する?体調不良時の食事方法

猫が流動食でも吐く時はどう対処する?体調不良時の食事方法

日常
  1,692 Views

猫も体調が悪くなると、
食欲がなくなって
ご飯を食べなくなるときがあります。

そんなときには流動食を食べさせて
強制給餌をする必要があります。

やわらかく食べやすい餌を
強制的に食べさせることで、
体力を回復させてあげるのです。

でも、その流動食すら
吐いてしまうときがあり、
飼い主としては困ってしまいます。

そこで今回は、

  • 猫が流動食でも吐く時の対処法
  • 体調不良時の食事の与え方や量
  • 流動食はどんな時に与える?
  • 流動食の作り方は?

について調べました。

早速みていきましょう!

Sponsored Links

猫が流動食でも吐く時の対処法とは?

dbedd88f820acd03e1493f3f5465d8de_s

猫が流動食でも吐いてしまう時は、
次にような対処法を試してみてください。

対処法1 小分けにして与える

1度に与える流動食の量が多すぎ
吐いてしまうことがよくあります。

そんなときには、
1度に与える量を少なくして
回数を増やしてみましょう。

小分けの方が消化もしやすいので、
嘔吐だけでなく
下痢も防ぐことができます。

対処法2 水分量を増やす

流動食がかたすぎて
吐いてしまうこともよくあります。

そんなときには、
流動食に加える水分量を
少し増やしてみましょう。

水分が多くなる分
喉の通りと消化がよくなって
吐きにくくなりますよ。

対処法3 点滴などによる栄養補給を行う

どうしても流動食を吐いてしまう時は、
残念ながら病状がとても進んで
体力が低下している場合があります。

獣医師と相談して、
点滴などの他の栄養補給の手段を
検討しましょう。

栄養補給をすることで
体力が回復して、
また口から物を食べることが
できるようになることもあります。

Sponsored Links

体調不良時の食事の与え方や量は?

a7829e878a0c33eb1212a78b8f3a1d5c_s

体調不良時の食事
どんな与え方でどのくらいの量を
食べさせたらいいのでしょうか?

 

流動食を与えるほどでない時には、
’’ふつうのエサを軽くふやかして、
ちょっとずつ与える’’
とよいです。

体調不良時は胃腸も弱っているので、
一度にたくさんの量は消化できません。

そのため、エサの回数を増やして
何度かに分けて食べさせましょう。

ただ、体調不良時は
猫自身がエサの量を調整して、
食べないこともあります。

猫は24時間程度の絶食なら大丈夫なので、
無理に食べさせないようにしましょう。

 

流動食を与えなればならないほどの
体調不良と食欲不振になった時は、
どうしたらいいのでしょうか?

流動食はどんな時に与えるのかと、
その作り方をみてみましょう。

猫の流動食はどんな時に与える?その作り方は?

猫に流動食を与えるのは、

  • 何も食べてくれない
  • 何を食べても嘔吐・下痢をする
  • 強制的にでも栄養補給が必要

な時です。

流動食は、
ふだんのエサに水分を混ぜて
ペースト状にして作ります。

獣医師の指示があれば、
薬や栄養剤、栄養補給用のゼリー
混ぜたりもします。

流動食の作り方と与え方
詳しく解説した動画をご紹介します。

流動食は、シリンジで与える
こぼれたり鼻に入ったりしにくくて
オススメです。

この動画では、
市販のシリンジの先を少し切って太くし、
食べやすくしているそうです。

まとめ

0d74a04714e552705dfcd1bd3336d162_s

いかがでしたか?

猫が流動食でも吐く時には、

  • 小分けにして与える
  • 水分量を増やす
  • 点滴などによる栄養補給を行う

という対処法があります。

流動食は、ふだんのエサに水分や薬、
栄養補給用のゼリーなどを混ぜて
ペースト状にして作ります。

シリンジに入れて与えると、
こぼれたり鼻に入る心配がなくて
猫も飼い主も安心です♪

 

体調が悪く食欲がないけれど
流動食を与えるほどではない時には、
ふだんのエサを軽くふやかして
ちょっとずつ与えてあげましょう。

猫は体調に合わせて
自分で食事の量を調整するので、
24時間程度であれば
無理に食べさせなくても大丈夫です。

安静にして、
静かに見守ってあげてください。

Sponsored Links



今ならペットの保険が月700円から入れる♪

ペットの健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分のペットの健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、ペットにピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

安田 葵

安田 葵

記事をご覧いただき、
ありがとうございます。

小さい頃からの動物好きで、
今は雑種犬(6歳)と暮らしています。
そろそろ猫も飼いたいね!と
家族と盛り上がっている真っ最中です。

私と同じように
猫を飼ってみたいと計画中の方や、
初めて猫を飼う方の不安を和らげ、
わくわくを増やしていけるような記事を
ご紹介していきたいと思ってます。

どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

*

CAPTCHA