1. TOP
  2. 猫の引き取り!野良猫は保健所では保護してもらえないの!?

猫の引き取り!野良猫は保健所では保護してもらえないの!?

コラム
  1,159 Views
ジェラルド
こんにちは!ジェラルドです。今回のタイトルは『猫の引き取り!野良猫は保健所で保護してもらえないの!?』です。僕たち、猫が保健所に連れていかれるということは、どういうことか人間の皆さんはご存知ですか?最悪の場合は、殺処分されてしまうんです。
こてっちゃん
俺たち猫はただ一生懸命生きているだけなのに、人間はひどいよ!
ジェラルド
でも、猫たちの命を助けようとしてくれている人たちもいるんだよ。僕たちも、ピヨさんに拾ってもらった猫だしね。
ピヨ
捨てられているのを、放っておけないしね。でも、捨て猫さんたち、みんなうちにおいでって言いたいけれど、私ひとりじゃ限界があるし…。
ジェラルド
そうだね。だから、今回は僕ジェラルドが、野良猫を拾った場合、どうしたら猫のためになるか考えてほしくて、いろいろな手段を調べました。
Sponsored Links

猫の引き取り!野良猫を保護したらどこへ連れていけばいい?

cat-376388_640

まず、最初に考えてほしいことは、
猫を保護するということは、
どういうことなのか考えてほしいんだ。

『保護する』ということは、その猫を
『助ける』ことだよね。

だから、猫を保護したら、
保護した人が責任をもって飼うか、
それができなくてやむをえない場合は
ほかに飼ってくれる人を探してほしい。

保健所で野良猫を保護してもらえないの?

保健所では、野良猫は保護しては
もらえないよ。

飼い主が見つからない猫たちは
一定期間を過ぎると
殺処分されてしまうんだよ。

ここで、中川しょこたんが
猫を保健所に連れて行くな!と
言って、問題になったという
ニュースがYOUTUBEにあったよ。

いろいろな考えの人がいるんだと
痛感させられる話だったね。

動物病院に連れていくと費用を請求されるって本当!?

動物病院に連れて行くと、
連れて行った人が責任者として
費用を請求されるよ。

野良猫や捨て猫を引き取りしてくれるボランティア団体はある?

kittens-489174_640
保護団体によって、
引き取りをしてくれるところと
してくれないところが
あるよ。

保護団体も限りがあるので、
保護した人が一生懸命努力して
いろいろ手を尽くして
さがしたけれども、
里親さんが見つからないなど
やむを得ない場合じゃないと
引き取ってくれない所も
多いのが現実ね。

詳しくはこのホームページに
載っているから読んでみて。
子猫の部屋へ移動

Sponsored Links

こてっちゃん
なんだか、猫にとって住みにくい世の中だな。
ジェラルド
そうだね。世の中には猫が嫌いな人もいるからね。どう折り合いをつけて共存するかが難しいところなんだ。
ピヨ
でもね、今地域で猫を飼育する、地域猫という活動も広がっているのよ。いい例が横浜市磯子区という町にあるから、詳しく紹介するね!
 cat-175738_640

地域猫活動は、1997年に
神奈川県横浜市磯子区の住民が、
野良猫を増やさないようにと共同で
世話をするなどの運動を始めたことが
きっかけで、
全国的に広まった運動とされている。
(引用元Wikipedia)

主な活動内容は

  • 不妊去勢手術の実施
  • えさ場やえさの量の管理
  • フンの後始末
  • 猫の個体識別
  • 猫の健康管理

などを、行っているの。

避妊去勢手術した猫は
耳先をカットして印をつけて
見分けがつくようにしてあるのよ。

地域猫対策の効果は

  • 不妊去勢手術により猫の出産がなくなった
  • 発情による喧嘩や、
    さかりの鳴き声がなくなった
  • えさの散乱や、ゴミあさりが減った
  • ふん尿被害が減った
  • 野良猫が減った

などが、挙げられているわ。

このような、活動が認められて
全国でも地域猫活動が広がっているのよ。

でも、そこへ猫を捨てていい訳
じゃないから誤解しないでね。

まとめ

ジェラルド
いかがでしたか?野良猫を拾う場合は、まずはあなたが飼えるかどうかを考えてから保護してください。動物を保護するということは、最後までその動物の行き先を見届けなくてはなりません。
こてっちゃん
そう言ってしまえば、野良猫は見捨てろ!みたいに聞こえるけれど、地域猫という活動も広がっているよ。
ピヨ
そうね。野良猫を拾ったら、自分で飼う、里親を探す、地域猫の活動がないか調べるなどして、その猫が一番幸せになる方法を考えてほしいわね。
ジェラルド
せっかく助けた命は、最後まで見捨てないでね!
 
Sponsored Links



今ならペットの保険が月700円から入れる♪

ペットの健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分のペットの健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、ペットにピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪

 

 



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

ピヨ

ピヨ

はじめまして!ピヨです!

私は、こちらのサイト
にゃんたんといっしょで
お役立ち記事を書いています。

動物は大好きで、今も
猫・犬・熱帯魚・カエル・イモリ・キジバト
と暮らしていますが、
中でも猫が一番好きです!
(ほかの子には内緒ですが…)

特技はDIYとネコパシーの解読です♪
(ネコパシーとは、猫のテレパシーの造語です。
作りました(^^ゞ)

知っているようで知らない
ミステリアスな猫の秘密を
皆さんと一緒に
楽しく学んでいきたいと思いますので
よろしくお願いいたします。