1. TOP
  2. 有名キャットフードのマグネシウム含有量を徹底比較!少ないのは…?

有名キャットフードのマグネシウム含有量を徹底比較!少ないのは…?

キャットフード
  29 Views

猫にとって必要な栄養素の1つに
ミネラルがあります。

ミネラルはリンやカルシウム、
マグネシウムなどのことで、
フードのパッケージには
租灰分として記載されます。

ミネラルがどのくらい
含まれているかは、
成分表を見ればわかるのですが、
含有量によっては猫の健康に
不安をもたらす場合があります。

その中でも今、
話題に上がっているのが
マグネシウムです。

今回はキャットフードに含まれる
マグネシウムについて調べてみました。

Sponsored Links

キャットフードのマグネシウム値って何?

マグネシウムは
健康を維持するために必要な成分です。

マグネシウム値とは
フードにどのくらいのマグネシウムが
含有されているかの値になります。

マグネシウムの含有量が重要は理由は?

マグネシウムを気にする人に多いのが、
尿石症ではないでしょうか?
マグネシウムを多く取りすぎると
結石ができることがあるからです。

だからといって極端に
マグネシウムの摂取を控えるのも
健康上の問題が出てきます。

マグネシウム値は
AAFCO(米国飼料検査官協会)の
栄養基準に基づくデータによると

幼猫 0.08%以上
成猫 0.04%以上

となっています。

マグネシウム値は0.08~0.09%が
適切な量だといわれています。

それでは、現在販売されている
キャットフードのマグネシウム値は
どのくらいなのでしょうか。

Sponsored Links

有名キャットフードのマグネシウム含有量を徹底比較!

マグネシウム値を調べるには、
フードのパッケージに書かれた
成分表をチェックします。

しかしミネラルは租灰分として
まとめられている場合が多いので、
詳しく知りたい方はメーカーに
問い合わせてみると良いでしょう。

モグニャン

食いつきと健康を
第一に考えて作られたモグニャン。
猫の満足度は高いようですが、
マグネシウム値はどうでしょうか?

モグニャンのマグネシウム値
0.12%

適切な量とされている値から
見ると若干多いようですね。
これはおそらく主原料に魚を
使用しているせいだと思われます。

しかしカルシウムやリンも
しっかり含まれていますし
ミネラルのバランスは取れています。

また、尿石症の予防になるとされる
クランベリーが含まれているので
尿石症予防にこのフードを選ぶ人も
多いようですよ。

詳しい原材料を確認したい方は
公式サイトを覗いてみてください。

>>モグニャン公式サイトで商品を確認する

 

シンプリー

主に成猫からシニアに合わせているため、
低カロリーでヘルシーなフードです。

尿路結石の予防も考えられた
栄養になっているそうなのですが・・・
気になるマグネシウム値はどうでしょう。

シンプリーのマグネシウム値
0.13%

サーモンやニシンといった
魚肉を使用しているため
マグネシウム値はモグニャンと
ほぼ変わりませんね。

尿路結石の対応としては
原材料にクランベリー
使用しているところでしょう。

クランベリーに含まれるキナ酸
尿路結石の原因となる
尿のph値を安定させる効果があります。

>>シンプリー公式サイトで商品を確認する

 

Sponsored Links

カナガン

知名度の高いカナガンは
チキンを主原料に使っています。
また無添加で、グレインフリーといった
安全性も高いフードです。

それではマグネシウム値は
どうなっているのでしょうか?

カナガンのマグネシウム値
0.09%

上記の2つと比べると、
問題ないとされる基準値と同じでした。
この違いは魚肉を使っているか、
鶏肉を使っているかで変わるのでしょう。

どうしてもマグネシウムが気になる場合は
チキンを使ったカナガンを選ぶのが
いいかもしれません。

>>カナガン公式サイトで商品を確認する

 

ジャガー

手の届く贅沢をテーマに
良質な食材のみを厳選して
作られたフードです。

値段は少々お高いですが
動物性タンパク質を80%も含んでいるので
毎日がごちそうといった感じでしょうか。

そんな高品質フードのジャガーですが、
マグネシウム値をみてみたところ…

ジャガーのマグネシウム値
0.0175%

サーモンやチキンを含んだフードですが
他のフードと比べても少ないですね。
ジャガーは尿路結石の予防に効果的な
クランベリーが含まれています。

>>ジャガー公式サイトで商品を確認する

 

ファインペッツ

原材料に穀物が使用されていますが
独自の製法によって消化吸収を高めています。
完全無添加で安全性を1番に
考えられたフードです。

またファインペッツは尿石症を予防できる
フードしても知られていますが
マグネシウム値は果たして…?

ファインペッツのマグネシウム値
0.06%

AAFCOの基準よりも低い数値です。
これは尿石症を予防することを意識して
作られているからでしょう。

過去に尿石症にかかった猫や
現在治療中の猫が
このフードを多く利用しているようです。

>>ファインペッツ公式サイトで商品を確認する

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
マグネシウム値は使用されている
原材料によって異なります

多く含まれているからといって
必ずしも尿石症になるのではなく
ミネラル全体のバランスがうまく
取れているか、いないかで変わるのです。

上記にあげたフードは
高品質な原料を使い、猫の健康を第一に
考えられたフードになっていますので
尿石症になる不安は解消されると思います。

スーパーなどで市販されているフードに
不安を覚える方は、この記事を参考に
愛猫にぴったりのフードを選んでくださいね。

Sponsored Links



今ならペットの保険が月700円から入れる♪

ペットの健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分のペットの健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、ペットにピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

Pigeonmilk