1. TOP
  2. 猫がわさびを食べた!早急に対処したい処置とは?
Sponsored Links

猫がわさびを食べた!早急に対処したい処置とは?

食べ物
  3,009 Views

晩酌をしながらお刺身を食べていて、
ちょっとトイレから戻ってきたら
醤油皿のわさびがなんか減ってる!?

もしかして猫が食べた!!??

・・・なんて経験、ありませんか?

猫がわさびを食べてしまっても、
なにか体に影響はないのでしょうか?
どう対処すればいいのでしょうか?

今回は、

  • 猫がわさびを食べたときの対処法
  • 猫がわさびを食べるとどうなるの?
  • 猫に刺激物を与えるのは危険?

についてまとめました。

わさびを食べてしまう事故は、
特に好奇心旺盛な性格の猫や子猫
に多いようです。

このような猫を飼っている方は
ぜひこの記事をお読みください!

Sponsored Links

猫がわさびを食べた!早急に処置したい時の対処法とは?

3bbc32dbad013c66a551673465ed32af_s

まずは猫がわさびを食べてしまい、
早急に処置したい時の対処法
知っておきましょう。

次の4手順で処置してください。

手順1:食べた量を確認する

わさびは刺激的すぎるため
猫は食べてはいけませんが、
毒ではありません

そのため、食べた量によっては
なにも対処しなくても大丈夫です。

大丈夫な量は猫の体重によって違いますが、
私たちがお刺身に付けるくらいの量なら
まず問題ありません。

多少の下痢や嘔吐があるかもしれませんが、
1日程度で治まります。

 

しかし、
ティースプーン1杯以上食べた場合
刺激が強すぎて
内臓を傷付ける恐れがあります。

手順2以降を参考に、対処してください。

手順2:吐かせる

わさびを食べてすぐなら、
吐き出させましょう

舌の付け根を指やボールペンなどで
軽くつつくと、
ゲホっと吐き出してくれます。

 

吐かせるときに
よく塩水が飲ます人がいますが、
逆に危険なのでやめましょう。

塩分の取りすぎで
腎臓に障害がでる恐れがあります。

Sponsored Links

手順3:なにか食べさせる

手順2をやっても
吐き出してくれなかった場合は、
なにか食べさせて胃を保護しましょう

胃にわさび以外のものを入れることで、
胃壁が刺激されないようにするのです。

いつものフードをふやかして
消化しやすくして与えてください。

食べさせる量は
いつもの半分くらいで大丈夫です。

手順4:様子を見て病院へ

猫の様子を、
12時間ほど注意深く観察しましょう

激しい嘔吐や下痢を起こした場合は、
動物病院へ連れていってあげてください。

胃洗浄をしたり、
整腸剤や胃腸薬を処方してもらえます。

猫がわさびを食べるとどうなるの?

ce81cd70fa6438c2081cd293ed9bf26e_s

そもそも、
猫がわさびを食べると
どうなるのでしょうか?

 

猫がわさびを食べると、
内臓が炎症を起こして
胃腸障害になる恐れがあります

わさびの刺激成分が
胃壁や腸壁を傷付けるのです。

 

✐わさびは目にもクル!?
わさびは猫の内臓だけでなく
目にも刺激的です。
         
わさびをしつけに利用する
飼い主さんもいるようですよ!
         
いたずらをして
わさび罰をうけている、
でもかわいい動画をご紹介します。
        
目をシバシバする表情が
まるで人間みたいです。
      
わさびをしつけに利用するときは
『節度を守る』
『食べさせない』
の2つを守ってくださいね。

 

一味・からし・唐辛子・・・猫に刺激物は与えるのは危険?

1637cbb0de5d6430a13b850011e89dec_s

わさびだけでなく、
一味・からし・唐辛子などの刺激物も
猫には危険です。

人間でも、辛い物を食べると
お腹を下してしまう人がいますよね?

あれは胃や腸が過度に刺激を受け、
炎症を起こしてしまっているのです。

それと同じで、
わさびや一味など刺激は
猫にとっては強すぎるので、
内臓が炎症を起こしてしまうのです。

うっかり刺激物を
食べてしまわないように、
管理を気を付けてあげてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

猫がわさびを食べた時には、

  1. 食べた量を確認する
  2. 吐かせる
  3. なにか食べさせる
  4. 様子をみて病院へ

という順番で対処をしましょう。

 

わさびなどの刺激物は
猫の消化気管を傷付け、
下痢や嘔吐などを引き起こします。

わさび・唐辛子・一味などの管理には
十分気を付けてあげてくださいね。

Sponsored Links



今ならペットの保険が月700円から入れる♪

ペットの健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分のペットの健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、ペットにピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪



\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

安田 葵

安田 葵

記事をご覧いただき、
ありがとうございます。

小さい頃からの動物好きで、
今は雑種犬(6歳)と暮らしています。
そろそろ猫も飼いたいね!と
家族と盛り上がっている真っ最中です。

私と同じように
猫を飼ってみたいと計画中の方や、
初めて猫を飼う方の不安を和らげ、
わくわくを増やしていけるような記事を
ご紹介していきたいと思ってます。

どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

*

CAPTCHA