キャットフードランキング

猫のダイエットにキャットフードは効果あるの?おすすめ5選

最近愛猫のお腹がポッコリしてきた、
去勢・避妊後は太りやすいと聞いたので
ダイエット用フードに変えたいけど・・

「本当に効果があるの?」

と思いつつも何気にダイエット向けの
キャットフードを選んでいるという方も
多いと思います。

ただ、それにしては効果が表れない
違うフードに変えてみるけど今度は
食べてくれないなど食事の悩みは
尽きませんよね。

そこで今回は
ダイエットにオススメの
キャットフード5選を紹介!

その他にも肥満の目安ダイエット方法
ついてもまとめてみましたので是非参考に
して下さいね。

ダイエットにおすすめのキャットフード5選!

キャットフードでダイエットをする場合、
今では「室内猫」「去勢・避妊」など
わかりやすく記載があるのであまり
考えずに選んでいませんか?

猫の好みもありますが、ダイエット用
だからと安心して、成分や原材料は
気にせず、や与え方を間違えると
逆効果となってしまうので注意が必要です。

ダイエット=低脂肪・低カロリー

と思いがちですが、大切なのはタンパク質と
脂質の割合低炭水化物という事を覚えて
おきましょう!

ここで紹介するキャットフードは
高品質で消化吸収に優れ、アレルゲンと
なりにくい
穀物(グレイン)フリーの物
の中から独断と経験で選んでみました。

No.1 カナガン

出典:https://www.canagancatfood.co.jp/

カナガンを一番に選んだ理由は全ての
バランスが良く、我が家では食いつきが
最も良かったからです。

タンパク質と脂質の割合は3:2が理想的
と言われています。
又、炭水化物が多いほど糖質も増える事に
なるため、低い物を選びたいですね。

炭水化物含有量の計算方法炭水化物
100 -(水分+タンパク質+脂質+灰分)カナガンの場合だと
出典:https://www.canagancatfood.co.jp/単純計算では27.5%となります。

給与量は体重5Kgの場合は60g~
なっていますが、太り気味の場合
10%減らすときちんと記載があります。

⇒カナガン公式サイトで詳細を確認する

 

粒も硬く食べ応えがあるので満腹感が
得られ優れた栄養バランスで適正体重
を保つことが可能だと考えられます。



No.2 モグニャン

出典:https://www.mognyancatfood.co.jp/cart

モグニャンは白身魚63%が主原料なので
カロリーも374kcalと低めでダイエットに
向いていると言えます。

しかしカナガンと比べると脂質も少なく
給与量も5Kgだと70g~となっています。

出典:https://www.mognyancatfood.co.jp/cart

ほぼ同じカロリーを摂取しても脂質が
少なく、小粒という事から満腹感が
得られず与えすぎる傾向にあります。

炭水化物も41%と多めなのが気に
なりますが、他の成分などでうまく
調整できていると思います。

⇒モグニャン公式サイトで詳細を確認する

 

モグニャンは新しい商品なので未知数
いうこともあり、ダイエット効果も期待
したいところですね。

No.3 ジャガー

出典:https://www.jaguarcatfood.jp/cart

ジャガーは贅沢な原材料を使った
最高級のプレミアムフードです。

動物性タンパク質は80%以上
高タンパクでありながらカロリーは
384kcalとカナガンより低めです

給与量も5kgだと55~60gと少なめ
になっているのも好印象で、実際に
少量で満腹感を得られるようです。

出典:https://www.jaguarcatfood.jp/cart

成分分析値に水分の記載がありませんが
調べた所7%とのことでしたので炭水化物
24%と一番低く理想的と言えます。

高級食材を使用していることから価格が
高めという所がマイナスポイントです。

⇒ジャガー公式サイトで詳細を確認する

 

体重を落とすというより引き締まった
健康的な体型にしてくれる優れた
栄養バランスだと言えます。



No.4 シンプリー

出典:https://www.symplycatfood.jp/cart

シンプリーはモグニャンと同じく
主原料がお魚なので低カロリーです。

様々な健康リスクに配慮した黄金バランス
で「20年一緒」を目標にした高品質フード
という所からシニア~老齢猫に人気です。

給与量はカナガンと同じで5kgの場合は
60g~となっており、カロリーは380kcal
と一般的だと言えます。

出典:https://www.symplycatfood.jp/cart

炭水化物は26.5%とカナガンより若干
低いのですが、個人的にはマグネシウム
やナトリウム量が多いのが気になります

⇒シンプリー公式サイトで詳細を確認する

 

カナガン、モグニャン、ジャガー、
そしてシンプリーと自分でも食べ比べ
ましたがシンプリーが一番塩辛かった
ので4位とさせていただきました。

No.5 ナチュラルチョイス 穀物フリー


出典:http://nutro.jp/

ナチュラルチョイスの穀物フリーは
リーズナブルな価格から大人気です。

自社工場で生産され、ライフスタイルに
合わせて、最適な素材、栄養バランス、
高い嗜好性と消化性を実現しています。

給与量は5kgだと成猫で65gと少し多め
になっていますが、高タンパクで消化性
も優れていることから量での調整すると
有効と言えます。

出典:http://nutro.jp/

炭水化物は30.5%とやや高めですが、
独自の抗酸化成分配合腸内環境の
健康維持にも配慮されているので
ダイエット効果も期待できそうです。

⇒ナチュラルチョイス公式サイトで詳細を確認する

 

口コミ評価も高く、何より続けやすい
所が魅力的ですね。

カロリーや体重を落とす事だけに
とらわれずトータルバランスによる
健康維持を第一に考える事が健康的な
ダイエットへと繋がると感じています。



猫の肥満の目安とは?

猫が太った、体重が増えただけで肥満
やメタボと決めつけていませんか?

猫の適正体重は1歳の頃の体重を目安
し、その時の体重より20%以上超えた
場合は肥満(太り過ぎ)と言われています。

そこで猫の体型を知る目安として
BCS(ボディ・コンディション・スコア)
を参考に評価すると良いでしょう。


出典:http://www.hills.co.jp/

1歳の頃の体重を100%として120%以上
であれば肥満となりますが、体脂肪率も
重要となります。

体脂肪率の測り方や肥満度については
下記ページを参考にして下さい。

「猫の体脂肪率を測ってみましょう」へ移動

又、肥満(BCS)について獣医師が
わかりやすくアドバイスしてくれる
動画も参考にして下さいね。



猫のダイエットの方法は?

猫を室内で飼ってる方がほとんど
なった今では太る原因として一番に
運動不足が考えられるでしょう。

とは言え、犬と違って室内での運動
には限りがあり、環境にもよりますが
毎日遊んであげるのも大変と言えます。

そこで猫のダイエット方法として基本
となる「運動」と「食事」について
見直してみましょう。

その1:運動

猫にダイエットさせるための運動
思ってしまうとやり過ぎる傾向が強い
ので毎日のコミュニケーションの一環
として遊びを取り入れたいものです。

猫の運動量として1日に20~30分
必要と言われています。

一度にやるのではなく1日10分を3回
に分けるなどで、互いの負担も少なく
飽きずにすむよう工夫しましょう。

猫の運動方法①おもちゃを使って遊ぶ

 

高価なおもちゃは必要ありません
猫はひとり遊びも上手なので身近な
物を活用しましょう。

  • 買い物のポリ袋
  • 段ボールや紙袋
  • 荷造り用の紐

色々とアレンジが利くものばかり
なので変化をつけて楽しめますね。

 

②走り回れる環境を作る

 

一軒家であれば2階への上り下り
各部屋を開けっ放しにしておくなどが
可能ですが、集合住宅だと難しいので
上下運動が出来る工夫をしましょう。

 

③キャットタワーを置く

 

猫は広い空間を走り回るより、上下運動
を必要とする動物です。

 

キャットタワーを設置したり、タンスや
家具などで段差をつけるだけで上手に
遊んで運動もしてくれますよ。



その2:食事

運動も大事ですが、毎日の食事で
ダイエットが出来るなら時間や負担も
なく一番簡単と言えますね。

でもダイエットフードを与えているのに
痩せない、体重も減らないという経験
ありませんか?

その原因の多くは物足りなさからの催促
による与え過ぎにあるようです。

ダイエット用キャットフードの多くは
低カロリー・低脂肪となっており、
猫にとっての旨味を重視していません

どうせならストレスのない美味しい
ダイエットをさせてあげたいものです。

そこでキャットフード選びが鍵となって
きますが、最初にオススメしたフードの
特徴をもう一度確認しておきましょう。

  • 消化吸収しにくい穀物不使用
  • タンパク質と脂質の割合は3:2
  • 糖質となる炭水化物の割合が低い

成分や原材料をしっかりチェックして
少量でも満腹感を味わえ、消化吸収に
優れた良質な動物性タンパク質を多く
含むフードを選びたいものです。



まとめ

いかかでしたか?

猫も人間と同じように我慢せず、
美味しくダイエットすることが
成功の秘訣だと感じました。

もちろん低カロリー・低脂肪のフード
を美味しく食べてくれて体重も減る
ならそれも正解だと言えます。

ただ減量する事だけを考えて選ぶと
必要な栄養素が得られず毛並みや
毛艶が悪くなったり、他の病気の
リスクも増えると思えましたので

「健康になるためのダイエット」

であることを忘れないで強い体作りを
意識して取り組むようにしましょう!

ABOUT ME
にゃんたんといっしょ~キャットフード~編集部
にゃんたんといっしょ~キャットフード~編集部は、 猫好きの20~30代の男女3人チームです。 飼い始めた時に、一番わかりにくいのが猫の食事! キャットフードの種類、食べる量&回数、食べてはいけない物など 猫を飼っている経験から、食に関する記事を書いています。 猫ちゃんが安心して暮らせる食生活の情報を提供しています。