1. TOP
  2. かわいいにゃんたん
  3. 猫のボンネット対策5つ!愛車を傷つけないために飼い主ができること

猫のボンネット対策5つ!愛車を傷つけないために飼い主ができること

猫が日向ですやすや眠る姿を見ると
癒されますよね。

ですが、愛車のボンネットの上に乗って
寝られると傷がついたり汚れたりするので
困ったもの。

また、追い払っても数日後にはまた
ボンネットの上に猫が乗っていることも…。

猫がボンネットの上に乗らないようにする
効果的な対策はあるのでしょうか?

今回は、猫のボンネット対策として、

  • 猫がボンネットの上に乗るのは暖を取るため
  • 嫌な音や香りで猫をボンネットに寄せ付けない
  • 愛猫が他人の車を傷つけてる!?完全室内飼いでトラブル回避

についてご紹介します。

猫が愛車のボンネットに乗って困っている方は
是非、参考にしてください!


猫がボンネットの上に乗る!5つの効果的な対策

猫は可愛いけれども、愛車のボンネットの上に
乗るのはやめて欲しいですよね。

飼い猫ならまだしも、野良猫から乗られてしまう
こともあるでしょう。

ここでは、猫のボンネット対策を5つ
ご紹介します。

1.ボンネットの上に毛布を掛ける

猫の爪は鋭いため、猫がボンネットに乗ると
傷がついてしまう恐れがあります。

特に野良猫の場合は、爪切りを
しないので鋭利な爪がボンネットを
傷だらけにしてしまいます。

大切な愛車を猫の爪から守るためにも
まずはボンネットの上に毛布を
掛けておきましょう。

但し、毛布をかけると野良猫が暖を取るため、
頻繁に通ってくる可能性があります。

ボンネットの上に毛布を掛ける方法は、
あくまでも愛車を傷つけないための対策なので、
これから紹介する

「猫がボンネットに近寄らない対策」と
併用しましょう。

2.柑橘系やコーヒーの香料をボンネットの上に置いておく

猫の嗅覚は私たちの数十倍あるため、
匂いにとても敏感。

特に柑橘系の香りが苦手で、この香りを
感じ取るとその場を立ち去ります。

柑橘系の酸っぱい匂いは猫にとっては腐臭で、
食べてお腹を壊さないよう避ける
本能があるからです。

また、コーヒーの香りも苦手なようで
猫は避ける傾向があります。

この習性を利用して、猫がボンネットの上に
近寄らないよう、柑橘系の香水やコーヒーの
香りがするものをボンネットの上に置いて
おきましょう。

3トゲの付いたマットをボンネットの上に置く

我が家では猫が進入して欲しくない場所
(食器や花瓶を置いている棚の上など)には
トゲのついたマットを置いています。

愛猫は果敢にトゲのついたマットに
乗ろうとしますが、柔らかい肉球に
とげが食い込んで痛い思いをするので
しぶしぶその場から離れます。

ボンネットも同様にトゲのついたマットを
敷き詰めると、猫が上に登るのを阻止する
ことができますよ。

ボンネットの上にトゲのついたマットを
置く際は、

  • マットの裏側が平らなものを購入する
  • マットに隙間ができないよう敷き詰める

よう注意してください。

表裏両面にトゲがついていると、
猫が乗った時にトゲでボンネットを
傷つけてしまいます。

また、ボンネットに敷いたマットに
隙間があると猫はその隙間めがけて登り、
寛いでしまいます。

4.超音波センサー機器で猫を近づけない

猫は60,000~100,000ヘルツの音を聞き取れる
ほど耳が良い動物です。

そんな猫の聴力を利用した、
超音波センサーで猫から愛車のボンネットを
守りましょう。

超音波センサーの仕組みは、赤外線センサーで
動物の体温を感知し、超音波を流すというもの。

ここで流れる超音波は猫が嫌がる周波数で、
私たち人間は聞き取ることができません。

そのため、センサーを設置しても周りに
迷惑をかけることがないので安心です。

また、超音波で猫を追い払う方法は人や環境に
優しく、猫を傷つけることもありません。

ボンネット対策だけでなく、野良猫が家に
進入しないよう家の周りに設置しても
良さそうですね。

5.車にカバーシートをかける

ここまで猫がボンネットの上に乗らないように
する対策をご紹介しました。

ですが、猫が嫌いな香水や超音波センサー、
トゲ付きマットをボンネットの上に置いても
猫の中にはこれらを我慢してボンネットの
上に乗る強者もいます。

また、ついこれらの対策を怠ってしまい、
猫がボンネットの上に乗ってしまうことも。

私たちも完璧ではないので、ボンネット対策を
怠ったり間違った方法をしてしまったり
しますよね。

そんな万が一のためにも、車には
カバーシートをかけることをおすすめします。

カバーシートをかけるのは少々面倒かも
しれませんが、毛布のように猫を
寄せ付けることはありませんし、猫の爪で

ボンネットが傷ついたり汚れたりするのを
防ぐことができます。

また、雨風からも車体を守ることが
できるので、車を綺麗に保つことが
できますよ。

猫がボンネットの上に乗るのは体温調節のため

猫から愛車のボンネットを守るための
対策については分かっていただけたかと
思います。

では、猫はなぜ車のボンネットの上に
乗りたがるのでしょうか。

それは、冬の体温調節のためだと
考えられています。

猫は全身が毛に覆われているので冬の寒さに
強いと言われていますが、それでも冷たい
外気にさらされると寒く感じます。

そこで冷えた体温を上げるために身体を
丸く縮ませたり、温かい場所で暖を
取ったりするのです。

冬の晴れた日の車のボンネットは太陽の熱を
吸収してポカポカ温かく、暖をとりたい
猫にとっては最適な場所。

そのため、猫はこぞってボンネットの上に
乗りたがるのです。

愛猫が他人の車に迷惑をかけないようにするには室内飼いがおすすめ

外で猫を飼っている方は、愛猫の1日の行動を
全て把握していますか。

外を自由に歩き回ることができる飼い猫の行動を
全て監視するのは難しいですよね。

なので、もしかすると愛猫が他人の車の
ボンネットの上に乗っている可能性
否定できません。

ましてやその車が高級車だったり、
関わりたくない人の車だったりすると
飼い主の血の気もサッと引いてしまうのでは
ないでしょうか。

このように外で猫を飼っていると
思わぬトラブルに巻き込まれてしまう
可能性もあります。

猫を飼う際は、愛猫が他人の車に迷惑を
かけないよう室内飼いをおすすめします。

また、室内飼いをすることによって交通事故や
喧嘩による怪我、感染症を防ぐこともできます。

可愛い愛猫と長く一緒にいるためにも、
室内飼いを徹底させましょう。

まとめ

猫がボンネットの上に乗らないように
するためには、

  • 猫が嫌がる香りや音で寄せ付けないようにする
  • シートカバーや毛布で愛車のボンネットを守る
  • トゲ付きマットで猫に不快な思いをさせる

というような事前の対策が必要であることが
分かりました。

また、猫がボンネットの上に乗りたがるのは、
ボンネットが太陽の光を浴びて温かくなっている
からで、冷えた体を温めるために乗ってしまう
とのこと。

体温調整のための行動なので完全に止めさせる
ことはできないでしょう。

そのため、外飼いの猫は他人の車のボンネットに
乗ってしまっているかもしれません。

他者とのトラブル、喧嘩や感染症から
猫を守るためにも完全室内飼いを
徹底させましょう。





ペットの『臭い』が気になる人必見!

ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア



Sponsored Links


今ならペット保険が月700円から入れる♪
愛猫の健康、心配ですよね?

実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
確率が80%というデータが出ています。

※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険って、
『どんなサービスあるのか分からない!』
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険が愛猫に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたには、
ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、
愛猫にピッタリな保険がわかります。

⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪


\ アンケートお願いするニャン♪/
↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

ライター紹介 ライター一覧

tag_maru

tag_maru

猫が大好きで、幼い頃からずっと猫と一緒に暮らしてきました。
結婚し、子どもを産んだ今も猫と一緒に暮らしています。
長年猫を飼ってきた経験を交えながら、皆さんにわかりやすい情報を提供できるよう努めてまいります。

関連記事

  • 猫への芸の教え方!ストレスなく仕込む3つの方法を伝授

  • 猫が箱を好きな3つの理由!入らないのは居心地が悪いから?

  • 猫のペットホテルはストレスになる?選ぶ時の5つのポイントを紹介

  • ボンベイは穏やかな性格で飼いやすい?黒猫との違いも紹介

  • ソマリの性格は愛情豊か!特徴や飼う時の注意点とは?

  • 猫のゲージにトイレを入れてもOK?置き方もご紹介!