1. TOP
  2. コラム
  3. 猫に扇風機は危ない?安全に涼んでもらうための3つの対策を紹介

猫に扇風機は危ない?安全に涼んでもらうための3つの対策を紹介

暑い夏は人間も猫も熱中症にならないよう
気をつけたいですよね。

そんなときにまず思いつくのが、
クーラーをつけて室内を涼しくすることですが
猫ちゃんによっては
クーラーの冷気や動作音が苦手な子もいるはず。

ではその代わりに
扇風機をと対応する飼い主さん、
ちょっとご注意ください。

場合によっては羽や本体で
猫が怪我をしてしまうこともあり
危ないのです。

愛猫を事故から守るため、
扇風機の安全な使い方を
マスターしておきましょう。

そこで今回は
猫に扇風機で安全に涼んでもらうための対策を
お伝えしていきたいと思います。


猫への扇風機の危険

クーラーの冷気や動作音が苦手で
せっかく涼しくした部屋から出ていく
猫ちゃんっていますよね。

そんなとき代わりに
扇風機をつける方も多いと思いますが
何も対策せずに使うと、
以下のような危ない事故が起こりかねません。

  • 羽を捕まえようとして手にケガをする
  • 網目で爪とぎをしようとして下敷きに

1.扇風機の羽を捕まえようとして手にケガをする

ハンターである猫は動くものに興味津々。

そのため扇風機の回転する羽を捕まえようと
網の中に手を入れて怪我をしてしまう
おそれがあります。

羽の回転数が多ければ多いほど
怪我のダメージが大きくなってしまうでしょう。

網がなく羽が露出したミニタイプもありますよね。

こちらの動画の猫ちゃんもついつい
手が出てしまうようです。

▼扇風機で遊ぶ猫の動画

威力はあまりないかもしれませんが、
万一のことを考えるとやはり心配ですね。

2.扇風機の網目で爪とぎをしようとして下敷きに

猫への扇風機の危険として、
猫が扇風機の下敷きになることも
挙げられます。

網目で爪を研ごうと体重をかけた拍子に
扇風機が倒れ、その下敷きになってしまう
おそれがあります。

人間よりもはるかに体が小さい猫にとって
倒れてくる扇風機は凶器でしかありません。

頭や内臓を強く打った場合、
命が危険な状態に陥ってしまうことも
あるでしょう。

扇風機で安全に涼んでもらうための3つの対策

このように、
扇風機をそのまま使用すると
猫の命を危険にさらしてしまいます。

そこでここからは猫の安全を守るため
以下の3つの対策をご紹介しますね。

  • 扇風機にカバーをかける
  • ファンレスの扇風機を使う
  • 扇風機を使わずエアコンのみで対応する

1.扇風機にカバーをかける

猫への安全対策として、
扇風機カバーを装着しましょう。

赤ちゃんや幼児が指を
扇風機の中に入れないようにとの目的で
使っている方も多いですよね。

猫は乳幼児と同様に好奇心旺盛なので、
扇風機カバーをつけて
中に手を入れないように
ケアしてあげましょう。

100円均一ショップなどで
手軽に入手できますよ。

 2.ファンレスの扇風機を使う

猫が興味を示して事故の元となるのが
羽と網。

ということでそのどちらも無い
ファンレスの扇風機を使うというのも手です。

お値段がお高いというイメージが強いですが
最近ではリーズナブルなものも
たくさんありますので選択肢に入れてみては
いかがでしょうか。

ファンレス扇風機は
スタイリッシュなデザインのものが多いので、
お部屋の雰囲気もぐっとおしゃれになって
一石二鳥かもしれませんね。

 3.扇風機を使わずエアコンのみで対応する

猫の安全対策として、
いっそ扇風機を使わないという考え方も
あります。

扇風機にカバーをつけたり、
ファンレス扇風機を導入したりしても、
いたずらをやめない子も
いるかもしれませんしね。

エアコンの冷房機能を活用し、
猫が快適に感じる温度を保ってあげるように
しましょう。

夏は27~29℃くらいが目安ですよ。

猫ちゃんによって個体差があるので
様子を観察し、調整しましょう。

また猫が寒さを感じたときに
別の場所へ避難するために、
部屋を出入りできるようケアが必要です。

扇風機は猫の熱中症対策にあまり効果はない

このように、
猫がいる家庭で扇風機を安全に使うには
工夫が必要であることがわかりましたね。

ですが、扇風機は猫の熱中症対策には
あまり効果があるとはいえないのでご注意を。

というのも室温全体を涼しくして
体を冷やすクーラーと違って、
扇風機は風の当たる部分しか冷やせないため。

猫は肉球部分でのみ
汗をかいて体温調節するので、
体に風が当たっても涼しさを感じることには
あまり繋がらないのです。

猫の熱中症について詳しく知りたい方は
こちらの記事をごらんください。

猫の熱中症の症状とは?原因と対処法をまとめてみた

猫が熱中症になったら
濡れタオルなどで体を冷やしつつ、
すぐ病院へ連れていきましょう。

まとめ

猫への扇風機の危険として

  • 羽を捕まえようとして手にケガをする
  • 網目で爪とぎをしようとして下敷きに

といったことが挙げられます。

猫の安全を守るため、

  • 扇風機にカバーをかける
  • ファンレスの扇風機を使う
  • 扇風機を使わずエアコンのみで対応する

などの対策を施しましょう。

ただし扇風機には熱中症対策の効果は
あまりありません。

エアコンの冷房機能を活用し、
猫が快適に感じる室温をキープしましょう。

夏場の目安は27~29℃くらい。

猫が寒さを感じたときに
別の場所へ避難するために、
部屋を出入りできるようにするケアを
してあげましょう。





ペットの『臭い』が気になる人必見!

ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア



Sponsored Links


今ならペット保険が月700円から入れる♪
愛猫の健康、心配ですよね?

実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
確率が80%というデータが出ています。

※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険って、
『どんなサービスあるのか分からない!』
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険が愛猫に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたには、
ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、
愛猫にピッタリな保険がわかります。

⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪


\ アンケートお願いするニャン♪/
↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

ライター紹介 ライター一覧

舟坂 ちよみ

舟坂 ちよみ

猫2匹と暮らすライターです。

日々ニャンズから幸せをもらっているので、
そのお返しができるよう勉強したくて愛玩動物飼養管理士になりました。

我が家のニャンズと触れ合うことはもちろん、
猫マンガや猫映画を楽しむことも大好きです!

関連記事

  • ふるさと納税で猫の殺処分ゼロへ!愛護活動に寄付できる自治体一覧

  • 猫の年齢は見た目で判別できる?見分け方のポイントを紹介!  

  • 猫の皮膚病にオロナインは効く?人間用の市販薬を使うリスクについても解説

  • 猫のひげから気持ちが分かる!どんな動きや仕草なの?

  • ロシアンブルーの性格はやんちゃ?特徴や飼う時の注意点とは

  • 猫の元気がないけど食欲はある!理由はストレスって本当?