1. TOP
  2. 病気
  3. 猫の目やにの色で健康状態がわかる?症状や病気の可能性は?

猫の目やにの色で健康状態がわかる?症状や病気の可能性は?

病気  

お手入れが面倒くさい目やに。

猫を飼っている方で、
毎日目やにと格闘されている方も
多いのではないでしょうか?

実は目やには
おしゃべりのできない猫たちが発する
ここが悪いというポイントを
教えてくれていたりもするのです。




猫の目やに!色別でわかる健康状態とは?

猫を飼われている方は、
拭う際に目やにがどんな色をしているか
見たことがありますか?

  • 赤い場合
  • 黒い場合
  • 茶色い場合
  • 白い場合
  • 緑の場合
  • 透明な場合

実はそれぞれに
きちんと意味合いがあったりするのです。

これらの色が示す
健康的な意味を調べてみました。

1. 赤い場合

赤茶色っぽい色なのであれば問題は無く、
猫にとっては正常な目やにの色になります。

ただし、赤が強かったりすると、
結膜などをひっかく等して
出血している可能性が
高いことになりますし、

赤茶色っぽい目やにが
大量に出ている場合だと、
病的な意味合いになってしまいます。

大量に出ている場合、
アレルギー等で炎症を起こしていたり、
目の表面に傷がついて
瞬きが多くなる等しているせいで
目やにが増えている可能性があります。

2. 黒い場合

黒い目やにも赤茶色と同様、
猫にとっては正常ですが、
大量に出ている場合、
やはり何らかの原因があり
多く出てしまっている可能性があります。

また、黒い場合、
本来茶色っぽい目やにが
乾燥して黒っぽくなっている
可能性があります。

こびりついてしまうと、
まぶたを開ける際に痛みを感じたり、
その目やにが餌となって
細菌が増殖してしまう場合があるので、
こまめに拭ってあげる必要があるでしょう。

3. 茶色い場合

茶色の目やにも上記の2種類と同様、
少量出ているのであれば
猫にとっては病的な意味合いは
ありません。

ただし、大量になってくると
やはり何かの炎症が示唆されます。

また、目やにそのものだけでなく、
目頭周辺の毛色が茶色っぽくなっている場合も
涙や目やにが出ているサインになります。

気を付けて見てみると良いでしょう。

4. 白い場合

真っ白という目やには
あまり見かけないかもしれませんが、
白みが強い場合、
感染により細菌が繁殖しており、
膿のような目やにが出ている
可能性があります。

その感染が猫の結膜炎なのか、
なのか等判明させる必要があるので
受診が必要な目やにだと言えるでしょう。

5. 緑の場合

緑っぽい目やにの場合、
細菌感染により膿状の目やにが出ている
可能性があります。

角膜に傷がついている
可能性もありますし、

猫によくある結膜炎によるものの
可能性もあります。

動物病院への受診をお勧めします。

6. 透明の場合

目やにというよりも
涙が多く出ていることにより、

涙と目やにが多く混ざり
透明な目やにが出ている
可能性があります。

少量であれば問題はありませんが、
大量になると、
涙が大量に出ていることとなり、

涙が大量に出る原因となる疾患がある
可能性があります。

Sponsored Links

猫の目やに!病気の場合は人にうつるの?

猫の結膜炎は
人獣共通に感染する病気ではないため、
同様の結膜炎が感染することはありません

ただし、やはり細菌が多くいる場合、
人間の方の抵抗力が落ちていたり、
傷があったりする場合、

その細菌が大量に繁殖をして
炎症を起こしたり、
症状を出す可能性があります。

触ったら手をしっかり洗って消毒する等の
心がけは必要でしょう。

猫の目やには放っておくと失明するって本当?

 

目やには細菌感染によって
起こっている場合もあります。

目やにはまぶたをのりのように
くっつけてしまうこともあるので、
まぶたが蓋となって
細菌にとっては繁殖しやすい環境が
作られてしまうのです。

その際、眼球にも影響は及ぼされ、
最悪失明してしまうこともあります。

猫の目やには自然治癒はできる?

上記のように、目やにがすべて
病的な意味合いを持つわけではなく、
猫の目の付近にもしっかりと
人間同様に免疫機構は働いています

軽度のものであったり、
生理的な目やにであれば
自然治癒することが出来るのですが、

やはり続く場合は、
点眼等の投薬が必要なサインだと
言えるでしょう。

見極めることが大切です。

まとめ

こうしてみると
目やにには物言えぬ猫の体からの
色々なサインが詰まっているということが
わかりました。

ただ何も考えずに
目やにをお手入れするのではなく、
目やにの観察もしながらだと
病気の早期発見が可能ですね。





ペットの『臭い』が気になる人必見!

ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。







\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア



今ならペット保険が月700円から入れる♪
愛猫の健康、心配ですよね?

実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
確率が80%というデータが出ています。

※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険って、
『どんなサービスあるのか分からない!』
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険が愛猫に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたには、
ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、
愛猫にピッタリな保険がわかります。

⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪


Sponsored Links


\ アンケートお願いするニャン♪/
↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

ライター紹介 ライター一覧

りな

りな

関連記事

  • 猫の腎臓病の症状とは?原因と予防についても

  • 猫がグルーミング中に噛むのは痒いから?理由や病気の可能性についても

  • 猫のリンパ腫の初期症状!早期発見5つのポイントとは?

  • 猫の去勢費用はどのくらい?オスが手術するメリットは?

  • 猫の皮膚病!治療費はいくら用意すれば良い?種類別に紹介!

  • 猫の結膜炎が治らない!目薬で完治するの?