1. TOP
  2. 病気
  3. 猫の鼻炎は自然治癒できる?治療法と効果的な3つの予防法を解説

猫の鼻炎は自然治癒できる?治療法と効果的な3つの予防法を解説

病気  

愛猫に鼻水やくしゃみの
症状が見られる。

鼻炎や風邪などが考えられ、
飼い主さんとしては心配ですよね。

しかし、動物病院に連れて行くことを
非常に嫌がる子も多いでしょう。

猫の鼻炎は病院に連れて行かなくても
治すことはできないものでしょうか。

この記事では、猫の鼻炎の治し方や
予防法などをまとめました。




猫の鼻炎の自然治癒は難しい3つの理由

猫の鼻炎は、軽いものであっても
自然治癒は難しいといわれています。

それはどうしてなのか、
ここでは代表的な理由を紹介します。

1.自分で鼻をかむことができないから

私たちは鼻が詰まった際や鼻水が出た際、
鼻をかんで処置をします。

しかし、猫は自分で鼻をかむことができません。

鼻水には、鼻や喉に付着した病原菌を殺菌し、
洗い流す働きがあります。

いつまでも鼻水が鼻内にあることは、
病原菌を外に排出できないということに
なります。

2.種類によって鼻炎になりやすい猫がいるから

短頭種と呼ばれる猫種は、
鼻炎が慢性化しやすい特徴があります。

短頭種には、エキゾチックショートヘア
などペルシャ系の猫種が該当します。

3.放っておくと口腔内まで炎症がひろがる可能性があるから

猫の鼻炎は放って置くと炎症が
口腔内にまで広がり、口内炎などの
症状が現れます。

ほかにも、結膜炎や副鼻腔炎を併発してしまう
可能性があるほか、ひどい場合には脳にまで
病原体が侵入してしまいます。

猫の鼻炎の治療法

猫の鼻炎の治療には、主に抗生剤を使用した
内科療法が用いられます。

ほかには症状別にインターフェロンの投与、
抗ヒスタミン剤及びステロイド剤の使用、
放射線治療、異物除去の手術、抗がん剤治療
などを行います。

猫の鼻炎を防ぐ効果的な3つの方法

放ってくと慢性化したり、症状が重く
なってしまう鼻炎は、未然に予防する
ことはできるのでしょうか。

ここでは、鼻炎を防ぐ効果的な
方法を紹介します。

1.定期的にワクチンを接種しウイルス感染を予防

ウィルス性や細菌性の鼻炎は、
混合ワクチンによって予防
することができます。

鼻炎を伴うウィルス感染などには、
猫ウィルス性鼻気管炎、
猫カリシウイルス感染症、
クラミジア、クリプトコッカス
などが挙げられます。

2.アレルギーがないか動物病院で調べてもらう

アレルギー性鼻炎の場合には、
何に対してアレルギーがあるのか、
原因を突き止める必要があります。

アレルゲンは個体によって異なりますが、
鼻炎を引き起こす原因の多くは花粉、
煙、ガス、ハウスダストが挙げられます。

また、植物の種が鼻腔内に
入ることで鼻炎を発症する
ケースも報告されています。

アレルギーの検査は、
動物病院で調べることが可能です。

3.高齢猫は腫瘍ができていないか定期健診をする

特に高齢猫の場合には、
腫瘍を疑うことも大切です。

鼻炎を症状とする腫瘍は、腺癌、
難骨肉腫、リンパ腫、ポリープなどです。

悪性腫瘍は発病すると治療には
長い期間がかかります。

早期発見をするためにも、
定期検診を受けることをおすすめします。

Sponsored Links

まとめ

猫の鼻炎は放って置いても治ることはなく、
逆に悪化してしまいます。

悪化すると治療が困難になるものもあるほか、
命に関わる重篤な症状に発展してしまう
可能性もあります。

猫が鼻水やくしゃみをしているようであれば、
早めに動物病院を受診することで鼻炎を
解消することが可能です。

猫の口が半開きで閉じない場合は、
こちらの記事がおすすめです。

⇒猫の口が半開きのまま!病気の可能性はあるの?

猫が口を半開きにしている際に
考えられる症状や病気などが
詳しく紹介されています。





ペットの『臭い』が気になる人必見!

ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア



Sponsored Links


今ならペット保険が月700円から入れる♪
愛猫の健康、心配ですよね?

実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
確率が80%というデータが出ています。

※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険って、
『どんなサービスあるのか分からない!』
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険が愛猫に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたには、
ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、
愛猫にピッタリな保険がわかります。

⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪


\ アンケートお願いするニャン♪/
↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

ライター紹介 ライター一覧

原京子

高校生の時からジャンガリアンとゴールデン計10匹と暮らしました。仕事も動物病院や動物園をはじめ、動物業界を中心に活動してきました。この経験を活かしみなさまによりよいハムスター生活の手助けができればと考えております。大好きなのはハムのクロワッサン(横になって眠っている姿)です!

関連記事

  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)は予防できるの?感染したら治らない?

  • 猫の薬の飲ませ方!粉薬の場合のコツはどうすればいい!?

  • 猫の末期癌はどんな症状?食事を嫌がる時の対処法を紹介!

  • 猫の背中のできものは癌?考えられる3つの病気と治療法を紹介

  • 猫が一週間もご飯を食べない!原因不明の時の対処法とは?

  • 猫が糖尿病になると後ろ足に異変がある!?見分け方とは?