1. TOP
  2. 日常
  3. 猫もクーラー病になる!予防法と涼しい部屋作りのコツを紹介

猫もクーラー病になる!予防法と涼しい部屋作りのコツを紹介

日常  

夏場は猫が熱中症にかからないよう、
24時間クーラーをつけている方も多い
ことでしょう。

しかし、部屋を涼しくしているのに
だるそうにしていたり、調子が悪そう
にしていたりしませんか?

人間の場合、冷やしすぎるとクーラー病に
かかってしまいますが、猫にも
クーラー病は存在するのでしょうか。

猫のクーラー病はどのような
症状がでるのか、放って置いても
大丈夫なのか心配ですよね。

この記事では、猫のクーラー病の
症状や予防法をまとめました。




猫のクーラー病の症状

エアコンをかけて部屋を涼しく
しているのに、元気がない。

これは、夏バテではなく、
クーラー病かもしれません。

猫がクーラー病にかかると、どのような
症状がでるのか見ていきましょう。

1.初期症状は風邪に似た症状

猫のクーラー病は、咳やくしゃみ、鼻水
といった風邪に似た症状が現れます。

また、初期症状は「カッカッカッ」という
咳をすることが特徴です。

放って置くと症状は悪化し、下痢や嘔吐のほか、
頻繁によだれを垂らすようになります。

2.重症化すると肺炎や気管支炎を発症

クーラー病を放置しておくと、肺炎や気管支炎を
発症してしまう可能性があります。

これは、クーラーの効いた乾燥している
部屋に長時間いることで、
気管を痛めてしまうことが原因です。

猫のクーラー病の予防法と涼しい部屋作り4つのコツ

猫がクーラー病にならないためには、
どのような工夫や予防法があるのでしょう。

ここでは、クーラー病にならないための
対処法を紹介します。

1.窓を開けて自然の風を取り入れる

エアコンだけでは温度が低く
なりすぎるほか、空気が乾燥してしまいます。

1時間に1度は窓を開け、
空気の入れ替えをしましょう。

お留守番の際には、小さな窓などを
開けおく(必ず網戸にする)ことで、
新鮮な空気を取り込むことが可能です。

2.クールマットなどの冷却グッズを活用

猫も暑いと感じると、涼しい場所を
自分で探します。

玄関のタイルやお風呂場の床で寝ている
姿を目にすることも多いでしょう。

猫の暑さ対策グッズとして、
触り心地がひんやりするクールマットや
冷却ジェルシートの使用もおすすめです。

猫はお腹を冷やすことにより
体温を調整しています。

そのため、寝転がって涼をとることの
できるグッズは画期的です。

Sponsored Links

3.クーラーの冷気が直接当たらないよう風向を調整

エアコンの風が直接当たることは、
私たち人間に良くないように、
猫にも当然よくありません。

猫のいる場所に直風が当たらないように
風向きを調整するほか、扇風機や
サーキュレーターなどを使用して
冷風を部屋全体に循環させましょう。

皮膚から汗をかくことのない猫にとって、
扇風機の風を当てても涼をとることは
できません。

しかし、空気を循環させ部屋の温度を
下げることでは効果的です。

扇風機のファンでケガをしないよう、
使用する際にはネットや子供用の柵
などの使用をおすすめします。

4.クーラーを付けた際は床の温度を常に気にしておく

クーラーの冷風は下に溜まります。

そのため、私たちが感じている
温度より、猫が感じている温度の
ほうが涼しく感じられます。

私たちが丁度いいと感じる温度だと、
猫にとっては寒すぎてしまう可能性があります。

床に温度計を置き、床の温度が
28~29度を目安に調節すると良いでしょう。

また、キャットタワーなどを置いて、
寒い際には高い位置に移動できる手段を
与えてあげることもおすすめです。

まとめ

猫も暑いと熱中症にかかってしまいますが、
かといって冷やしすぎるのもよくありません。

特に冷房の風は空気も乾燥するため、
風邪を引いてしまう可能性もあります。

エアコンを使用する際には、
設定温度に気を配ることや
直風が当たらないよう注意する
必要があります。

部屋が冷えすぎた際に避難できるよう、
ドアを開けておき隣室へ移動できるように
しておくこともおすすめです。

猫の夏バテ対策にはこちらの記事が
おすすめです。

⇒猫の夏バテ対策!夏でも快適な空間を作るためのコツとは?

猫にとって快適な空間とは
どのようなものなのかをはじめ、
空間作りのコツが詳しく紹介されています。





ペットの『臭い』が気になる人必見!

ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア



Sponsored Links


今ならペット保険が月700円から入れる♪
愛猫の健康、心配ですよね?

実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
確率が80%というデータが出ています。

※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険って、
『どんなサービスあるのか分からない!』
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険が愛猫に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたには、
ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、
愛猫にピッタリな保険がわかります。

⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪


\ アンケートお願いするニャン♪/
↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

ライター紹介 ライター一覧

原京子

高校生の時からジャンガリアンとゴールデン計10匹と暮らしました。仕事も動物病院や動物園をはじめ、動物業界を中心に活動してきました。この経験を活かしみなさまによりよいハムスター生活の手助けができればと考えております。大好きなのはハムのクロワッサン(横になって眠っている姿)です!

関連記事

  • 猫を動物病院に初めて連れて行く時に気をつけたい5つの注意点とは?

  • 猫が唸るのは病気のサイン?威嚇の場合との見分け方は?

  • 猫の体温の測り方!何度あったら熱が高いと判断するべき?

  • 猫の脱走を防止する方法!場所別の対策法をご紹介!

  • 猫が嫌いな匂いとは?ハーブやアロマも猫にとっては悪臭!?

  • 猫が怒る理由とは?鳴き声やしっぽの動きでも原因が違う?