1. TOP
  2. 健康
  3. 猫がワクチン後元気がないのは副作用!危険な症状について解説

猫がワクチン後元気がないのは副作用!危険な症状について解説

健康  

愛猫の健康維持のため、
定期的なワクチン接種は欠かせませんよね。

さまざまな病気を予防し、
健やかな生活を送ることができるので、
愛猫にまだワクチン接種を受けさせていない
飼い主さんには接種を強くおすすめします。

ですが、ワクチン後の猫は
元気がなくなることがあるのを
留めておきましょう。

ワクチンの副作用やストレスといった
やむを得ない理由もありますが、
その他に、稀にですが
命が危機に及ぶケースがあります。

飼い主としてそれらのケースに
しっかり対応できるよう、
知識を蓄えておきたいですね。

そこで今回は、
猫がワクチン後に元気がないときに考えられる
理由について解説していきたいと思います。




猫がワクチン後に元気がない原因とは?

猫がワクチン後に元気がない原因は
以下の2つです。

  • ワクチン接種による副作用
  • ワクチン接種によるストレス

次からの項目でそれぞれ詳しくお伝えします。

 1.ワクチン接種による副作用

ワクチン接種したあとの猫が
元気がなくなる原因の1つが、
ワクチンの副作用です

ワクチンとは毒性を無くしたか、
あるいは弱めた病原体から作られ、
弱い病原体を注入することで体内に抗体を作り
以後感染症にかかりにくくするというもの。

そのためワクチン接種を受けると猫の体は
一時的に病気に罹患した状態になり、
「元気がない」症状などの副作用は
このために起こるのです。

ただし副作用が出るか出ないかは
猫の個体差があるので、
ワクチン後に必ずしもすべての猫が
元気がなくなるわけではありません。

生ワクチンは病気の予防効果が長く続きますが
反面副作用が大きい面もあるので、

効果が短く副作用が少ない
不活性ワクチンとどちらを接種させるかは
よく検討する必要があるでしょう。

2.ワクチン接種によるストレス

ワクチン接種によって
猫が大きなストレスを受け、
その結果として元気がなくなる場合もあります。

猫は自由気ままに見えて
デリケートで神経質な動物なので

  • 病院への移動
  • 診察やワクチン接種
  • 自宅への移動

などによって猫にかかるストレスは
相当なものでしょう。

そういったストレスが
猫の体に影響を及ぼし、
元気がなくなってしまうのです。

通常の生活に戻り
ストレスがなくなっていくにつれて
改善していくので様子を見守りましょう。

こちらの猫ちゃんたちも、
まさに「借りてきた猫」状態。

とても緊張してストレスを感じているのが
わかりますね。

▼ワクチン接種を受ける子猫の動画

猫が元気がなくてご飯を食べないときは
こちらの記事を参考にどうぞ。

猫がご飯食べない!元気がない時は餌を切り替えるべき?

愛猫が気に入るフードを与えて
元気を取り戻してあげたいですね。

ワクチン接種後に気を付けたい症状!すぐに病院へ!

これまでお伝えしたワクチンの副作用や
ストレスによって起こる「元気のなさ」は
数日のうちに良くなっていくでしょう。

ただし、他にも
気を付けなければいけない症状が3つあります。

  • 即時性アレルギー反応(アナフィラキシーショック)
  • 遅延性アレルギー反応
  • ワクチン後のしこり【反応性肉腫】

次からの項目でそれぞれ詳しくお伝えします。

Sponsored Links

1.即時性アレルギー反応(アナフィラキシーショック)

アレルギーとは、
アレルギーの原因物質・アレルゲンに対する
過剰な免疫反応によって、

全身的もしくは局所的に起こる障害のことを
いいます。

ワクチンには添加成分も含まれているため、
稀ではありますが猫がそれらに反応して
アレルギーを起こすこともあるのです。

アナフィラキシーショックとは、
アレルギーの原因物質(アレルゲン)に接触し
短時間(数分~數十分)の間に
全身に激しいアレルギー反応が起こること。

  • 痙攣
  • 血圧低下
  • 呼吸困難

などが起こり、
場合によっては命を落とすこともあり得るので
迅速に適切な処置を行う必要があります。

ワクチン接種後、15~30分程度、
病院内や近辺で待機して猫に異変がないかを
確認してから帰宅することをおすすめします。

2.遅延性アレルギー反応

猫がワクチンに対してアレルギーを起こす場合
数時間~24時間以内に症状が出る
遅延性のものもあります。

  • 顔の腫れ
  • じんましん
  • 嘔吐
  • 下痢

などの症状があらわれたときは
病院へ連れていきましょう。

3.ワクチン後のしこり【反応性肉腫】

ワクチン後、猫ちゃんの体に
しこりを見つけたら病院へ連れていきましょう。

ワクチン接種後、
その部位が肉腫(ガン)化してしまう
反応性肉腫という病気があります。

これは非常に稀な病気ですが、
悪性度が高く、かなりの確率で再発し、
治療は非常に難しいとされています。

毎年同じ箇所に注射すると
リスクを高めてしまうので、
記録をとっておき、
毎回接種部位を変えるとよいでしょう。

猫がワクチン接種後2~3日経っても元気がない場合は病院へ

ワクチンの副作用や
ストレスによって起こる「元気のなさ」は
数日のうちに良くなっていくので
様子を見守ってあげてください。

ただし、2~3日経っても元気がない場合は
なんらかの病気や異常を抱えている可能性
あるので病院へ連れていき、
適切な治療を受けさせましょう。

まとめ

猫がワクチン後に元気がない原因は
以下の2つ。

  • ワクチン接種による副作用
  • ワクチン接種によるストレス

また、以下のものにも気を付けてください。

  • 即時性アレルギー反応(アナフィラキシーショック)
  • 遅延性アレルギー反応
  • ワクチン後のしこり【反応性肉腫】

猫がワクチン接種後2~3日経っても
元気がない場合はなんらかの病気や
異常を抱えている可能性があるので

病院へ連れていき、
適切な治療を受けさせましょう。

また猫が元気がないときはまず
自宅でセルフチェックしてみましょう。

猫の元気がないのは原因不明が多い!病院へ行く前に試したいセルフチェック

元気がない原因をしぼりこんで、
適切なケアをしてあげたいですね。





ペットの『臭い』が気になる人必見!

ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア



Sponsored Links


今ならペット保険が月700円から入れる♪
愛猫の健康、心配ですよね?

実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
確率が80%というデータが出ています。

※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険って、
『どんなサービスあるのか分からない!』
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険が愛猫に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたには、
ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、
愛猫にピッタリな保険がわかります。

⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪


\ アンケートお願いするニャン♪/
↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

ライター紹介 ライター一覧

舟坂 ちよみ

舟坂 ちよみ

猫2匹と暮らすライターです。

日々ニャンズから幸せをもらっているので、
そのお返しができるよう勉強したくて愛玩動物飼養管理士になりました。

我が家のニャンズと触れ合うことはもちろん、
猫マンガや猫映画を楽しむことも大好きです!

関連記事

  • 猫の食欲不振にはまたたび!与えすぎによるリスクも解説

  • 猫が食欲不振になるのはストレスが原因?考えられる3つの理由を紹介

  • 猫がぐったりしているのは病気?考えられる5つの原因と応急処置の方法

  • 猫のマッサージの方法!身体の部位別にご紹介!

  • 猫の軟便が続く!原因と5つの対策法とは?

  • 猫の涙が茶色に!色から考えられる原因&対処法を紹介