1. TOP
  2. 健康
  3. 猫の寝言の原因とは?病気やストレスの可能性はあるの?

猫の寝言の原因とは?病気やストレスの可能性はあるの?

健康  

お家の猫が寝言を言っているのを
見たことがある飼い主さんも
多いのではないでしょうか?

でもそれって寝言を皆言っているの?
病気なの?普通なの?
という疑問は
猫を飼っている飼い主さんなら
一度は思ったことがあると思います。

実は猫が寝言をいうのにも原因があり、
時には病気のSOSサインであることも
あるのです。

今回は飼い主さんの
猫の寝言の疑問を解決すべく、
寝言の原因は何なのか、
病気なのであればどんなことがあるのか
などを調べてみました。




猫の寝言の原因とは?

では猫が寝言を言う原因について
調べていきましょう。

実は猫の寝言の原因は
猫の睡眠の形態と大きく
関係している
のです。

まず猫の寝言の原因は
以下のことが考えられると
言われています。

  • 眠りが浅いから
  • 狩りのシュミレーションをしている
  • 夢を見ている

人間は浅い眠りのレム睡眠と
深い睡眠のノンレム睡眠があり、
両方をしていると言われています。

猫は浅い睡眠のレム睡眠を
多くしていると言われており、
これが寝言の原因として大きく関わるのです。

ちなみに、
猫の寝言とはどんなもののこと?という方に、
動画で調べてみたらこんなものがありました。

一見ほほえましいですが
どんな原因が関係するのでしょうか。

1.眠りが浅いから

まず寝言の原因の一つとして
挙げられる眠りの浅さです。

前述のように
人間は浅い睡眠であるレム睡眠と
深い睡眠であるノンレム睡眠を
交互に繰り返していくと言われていますが、

猫は浅い睡眠であるレム睡眠の時間が
圧倒的に多いと言われています。

いつ外敵に狩られるかわからないという
家庭で一緒に生活する猫になる前の
野生の頃の本能の遺残の可能性が
高いと言えるでしょう。

外敵がいる状態では、
いつでも神経を研ぎ澄まし、
いつでも逃げられるように
体の準備がすぐ整うレム睡眠の方が
好都合なのです。

浅い睡眠の特徴として
寝言のような短い音を発したり、
小さな痙攣をしたりすることが
挙げられています。

2.狩りのシュミレーションをしている

前述で、
猫の寝言はレム睡眠と関連すると
お話しました。

猫は眠りが浅い時間が多く、
この時間に脳の整理をするといわれています。

脳の整理とは、
人間にとっては様々な学習になりますが、
猫の学習とは何なのでしょうか。

猫は家庭で人間と一緒に
生活するようになって
長い年月が経っていますが、

やはり本能的な部分ももちろん残っており、
学習とはまさに狩りを意味します

寝言で狩りに直結するようなものは
あまり見受けられないかもしれませんが、
起きている間に昆虫や鳥などで経験した
狩りの経験を反芻しているのかもしれません。

3.夢を見ている

猫も夢を見て寝言を言うこともあります。

夢を見るのは
脳が起きている浅い睡眠の時と言われており、
前述の通り、猫は浅い睡眠時間が
多い動物と言われています。

夢を見ていて、走っている夢だと、
手足を動かすこともありますし、
何かにうなされるように寝言を言うことも
あります。

前述の通り、レム睡眠時は
起きている時の経験や活動を反芻して
復習していると言われているので、

狩りのことや縄張り争い、
他の猫との関係など楽しいばかりでなく
刺激的な夢も見ている可能性も高く、
その際は寝言を発してしまうのかも
しれませんね。

Sponsored Links

寝言を言いながら痙攣している場合はてんかんの可能性も

前述の猫の寝言の原因は、
睡眠の質の人間との違いによる、
病気ではないものでした。

ではどんな場合は注意した方が
いいのでしょうか。

短い痙攣であれば、
浅い睡眠によるもの病気ではない
可能性が高いですが、
実は猫のてんかんの発作で
寝言を言いながら痙攣するということも
のです。

なぜこの寝言と痙攣が
てんかんに結び付くかというと、
てんかんの際は体の筋肉への動きの伝達の
乱れが生じたり、口をもぐもぐさせることが
あります

この口の動きにより、
寝言のように感じることもあります。

よく頻繁に起こり、
てんかんかどうか不安な場合、
猫の寝ている際の動画を
録画しておくと良いでしょう。

動物病院受診の際に、
猫の動画を見せることで、
その寝言と痙攣が
てんかんの発作か否か判別しやすくなり、
診察がスムーズに行われる可能性があります。

猫がいびきをかいていいたら要注意!

寝言だけでなく、
猫は寝ているときに
いびきをかくこともあります。

実はこのいびきも癖ではなく
以下の可能性もあるのです。

  • 肥満
  • 軟口蓋過長症
  • 猫風邪や鼻気管炎などによる鼻づまり

これらは脂肪であったり、
軟口蓋のひだや鼻水が
猫の気管や鼻腔をふさぐことにより、
呼吸がしづらくなってしまい、
いびきの原因となるのです。

いびきにより睡眠が
うまく取れないこともずっと続くと
体力が消耗してしまい、
命の危険につながることもありますが、

これらの病気が重症化すると、
呼吸不全を起こし、
猫が睡眠中などに突然死してしまう
原因にもなりかねません。

気づいたら
かかりつけの動物病院の先生に
相談してみると良いかもしれませんね。

いびきと病気の関連や
原因についてはこちらの記事に
詳しく書いてあります。

⇒猫のいびきがうるさい!原因と対処法は?

よろしければ参考にしてみてくださいね。

まとめ

猫の寝言は、
実は人間と異なる猫の睡眠サイクルに
大きく関連していたことが
わかりましたね。

また、病気の前触れで、
一つの健康チェックのための項目にも
なり得ることがわかりました。

とはいえ、猫の睡眠サイクルは
人間と異なっても、
現代の猫の生活は外敵に脅かされることは、
まずありません。

長生きのためにも、
深く眠り、体力を温存させてあげることも
大切です。

あまりにも頻繁に
寝言をよく言ったり、
眠りが浅いようであれば、

深い睡眠をとれるよう、
周りを気にせずに眠れるよう
覆いをしてあげたり、
環境を整えてあげる必要があるでしょう。

そのためにもお家の猫がどのように眠るのか、
なぜそのように眠るのかを理解できると
安心ですね。

 





ペットの『臭い』が気になる人必見!

ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア



Sponsored Links


今ならペット保険が月700円から入れる♪
愛猫の健康、心配ですよね?

実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
確率が80%というデータが出ています。

※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険って、
『どんなサービスあるのか分からない!』
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険が愛猫に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたには、
ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、
愛猫にピッタリな保険がわかります。

⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪


\ アンケートお願いするニャン♪/
↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

ライター紹介 ライター一覧

りな

りな

関連記事

  • 猫が口呼吸するのは鼻づまりが原因?試したい5つの対処法を紹介       

  • 猫の軟便が続く!原因と5つの対策法とは?

  • 猫の瞳孔が開いたまま!原因と病気の可能性について解説

  • 猫が毛づくろいを頻繁にするのはストレス?原因と対処法は

  • 猫の便秘解消のマッサージ方法!おすすめのツボとは?

  • 猫のドライフードはいつから?離乳の進め方も紹介