1. TOP
  2. コラム
  3. 猫の行動範囲は意外と狭い!室内飼いでも大丈夫?


猫の行動範囲は意外と狭い!室内飼いでも大丈夫?

日本の環境省が
猫の室内飼育を推奨しているのを
ご存知でしょうか?

  • 交通事故
  • 感染症
  • ご近所トラブル
  • 虐待などの事件

これらが起こる危険をなくして
猫の命と健康を守る飼い方なので、
猫は完全室内飼育をしていきたいですね。

ちょっと気になるのが室内の広さで
猫が満足しているのかな?という所ですが
ご安心を。

生まれたときから
室内で暮らしている猫ならば、
その家の中を縄張りとして生活しているので
特段ストレスを感じることはありません。

ただ、なにかの折りに脱走して
迷子になってしまったときが心配ですよね。

どれくらいの行動範囲なのか
知っておくことは、
万一のとき捜索する際に役立つはず。

そこで今回は外猫と迷子猫の行動範囲や、
また室内飼育のメリットなど
解説していきたいと思います。



外猫と迷子猫の行動範囲を紹介

「うちの猫ちゃんが脱走してしまった!」

そんなときに猫を見つけ出すヒントとなるのが
猫の行動範囲がどれくらいであるか、
ということ。

闇雲に探すのではなく
その範囲内を探すことで、
迅速に見つけ出すことができるでしょう。

では、猫の行動範囲は
どれくらいなのでしょうか?

普段から室外で生活している外猫と、
普段は室内で生活している迷子猫では
違いがあるようです。

  • 外猫の行動範囲
  • 迷子猫の行動範囲

に分けて、見ていきましょう。

1.外猫の行動範囲

外猫の行動範囲は、

  • 去勢済みオス猫・・半径500m
  • 未去勢オス猫・・・半径200~500m

が目安です。

メス猫の場合はこの10分の1を目安に。

オスとメス、またオスでも
去勢しているかしていないかで
随分数値が変わりますね。

 2.迷子猫の行動範囲

一方、普段室内飼いの迷子猫の行動範囲は
半径70~100m程度とされ、
外猫に比べてぐっと狭くなるようです。

いつも家の中で暮らしている迷子猫にとって
外は全く知らない別世界なので、
広い行動範囲を持たないのは納得ですね。

おうちの猫ちゃんが脱走してしまったときは
この範囲を徹底的に探しましょう。



猫が脱走しても落ち着いて!猫は遠くに行けない生き物

なにかのアクシデントで
室内外の猫が脱走してしまったら
飼い主さんはパニックに陥りがちですが、
まずは落ち着いてください。

上の項目でもお伝えした通り、
迷子猫の行動範囲は狭いものです。

次からの項目を参考に、
できるだけ冷静な気持ちで捜索しましょう。

1.迷子猫は家の近くから離れられない

普段家の中で生活している迷子猫の場合、
建物敷地内など家の近くにいることが
多いです。

そしてどこかに隠れて未知の世界に怯えて
観察します。

ですので、
猫が逃げた方向がわかる場合は、
姿を消した先で隙間や狭い場所を
探してみるとよいでしょう。

猫の名前を呼んで探す際は、
大声だと猫が怯えて隠れてしまう可能性が
あるので、
普段の声の大きさ・トーンで呼んでください。

 2.脱走しても2~3日は餌がなくても大丈夫

脱走中はもちろんご飯をあげられないので
愛猫の空腹が心配になりますよね。

室内猫の迷子猫は
実際の狩りに慣れていないので
自分で獲物を捕らえて食べるというのも
難しいかもしれません。

ですが2~3日ならば
食べるものがなくても命に支障はないので
神経質になりすぎないように。

そして行動範囲を捜索中は
ご飯や好きなおやつを持ち歩きましょう。

猫ちゃんを見つけた際に
こちらに呼び寄せるアイテムとして
使ってください。

 猫を室内で飼っても大丈夫な理由3つ

ここまでは室内飼いの猫が
迷子になったときの行動範囲についてでした。

ここからは猫の室内飼いについて、
大丈夫な理由やメリットについて
お伝えしていきます。

ポイントは以下の3つです。

  • 猫は縄張りの中で生きる生き物
  • 感染症や寄生虫から身を守れる
  • 適度な運動さえすれば満足


 1.猫は縄張りの中で生きる生き物

室内飼いの猫にとって、
その広さが不満なのでは?と
思ったことがある飼い主さんは
多いですよね。

ですが、生まれたときから
室内で生活しているのならば、
その範囲を縄張りと認識して
行動しているので特段問題はありません。

猫にとって縄張りを構えるのは
食糧を確保するのに必要なため。

つまりご飯を与えられている猫ならば
縄張りは家の中で充分というわけです。

それよりも気にするならば
室内飼育でありがちな
運動不足の方が心配なので、
適度な運動をさせるよう心がけたいですね。

2.感染症や寄生虫から身を守れる

当然のことながら、
室内と違って屋外は清潔度が格段に落ちます。

そこで行動する野良猫や外猫には
感染症や寄生虫症など
病気のリスクがいっぱい。

そのため室内飼いの猫に比べて
外猫の寿命は短くなっています。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

猫の寿命は室内のほうが伸びるって本当?室外との違いとは

  • 外猫の平均寿命・・・13歳
  • 室内猫の平均寿命・・15歳

と、2年も違います。

より厳しい環境で行動する
野良猫の平均寿命はもっと低く3~4歳。

いかに室内飼育が猫の健康を
守れるかがよくわかりますね。

3.適度な運動さえすれば満足

ただ、室内で行動する猫の場合に
心配なのが運動不足。

家の中は安全かつご飯も苦労せず
もらえる安楽な環境です。

そのため元々長い時間寝る猫ですが、
室内猫の場合
もっと動かなくなってしまいます。

いわゆる平和ボケといったら可哀想ですが
退屈を持て余し気味なのは確かでしょう。

そこで飼い主さんに必要とされるのが
体を動かして遊ばせる時間の確保。

運動不足やそこからの肥満は
人間と同じく猫にとっても万病の元です。

飼い主さんも汗を流して、
愛猫の健康保持のためたくさん
遊んであげてください。

こちらの猫ちゃんたちのように
元気ハツラツでいきましょう。

▼元気な猫たちの動画

まとめ

外猫の行動範囲は、

  • 去勢済みオス猫・・半径500m
  • 未去勢オス猫・・・半径200~500m

が目安です。

メス猫の場合はこの10分の1を目安に。

普段室内飼いの迷子猫の行動範囲は
半径70~100m程度とされ、
外猫に比べてぐっと狭くなります。

迷子猫は家の近くに潜んでいることが
多いので、逃げた方向の隙間や狭い場所を
探してみましょう。

2~3日ならば食べ物がなくても
耐えられるので神経質になりすぎないよう
注意を。

猫を呼ぶ際はいつもの声の大きさやトーンで
安心させるように行いましょう。

猫は室内飼いすることで
その範囲を縄張りにして生活し、
感染症や寄生虫症などから
身を守ることができます。

適度な運動にだけ気をつければ
全く問題ありません。

日本の環境省では
猫の室内飼育を推奨しています。

これから新たに猫をお迎えする際は
完全室内飼育でいきましょうね。



\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア



ライター紹介 ライター一覧

舟坂 ちよみ

舟坂 ちよみ

猫2匹と暮らすライターです。

日々ニャンズから幸せをもらっているので、
そのお返しができるよう勉強したくて愛玩動物飼養管理士になりました。

我が家のニャンズと触れ合うことはもちろん、
猫マンガや猫映画を楽しむことも大好きです!

関連記事

  • 猫はどれくらいの高さまでジャンプできるの?着地に失敗しない理由は?

  • フローリングに猫の尿シミが!綺麗に取る方法ってある?

  • 猫の食欲不振にはちゅーるを!与えるときの注意点も紹介

  • 猫が仰向けに寝るのは信頼の証?寝相で分かる猫の気持ちとは?

  • ふるさと納税で猫の殺処分ゼロへ!愛護活動に寄付できる自治体一覧

  • 猫のオシッコの臭いの取り方!クエン酸水が効果的って本当?