1. TOP
  2. コラム
  3. 猫の冬の適温は?寒さに弱い猫が温かく過ごすための3つのコツを紹介

猫の冬の適温は?寒さに弱い猫が温かく過ごすための3つのコツを紹介

猫ちゃんをお迎えして初めての冬、
飼い主さんは気を遣うことがたくさん
ありますよね。

その1つが部屋の温度。

愛猫が寒さのあまり風邪なんて引いたら
大変ですものね。

祖先のリビアヤマネコが
砂漠で生息したいたことから
猫は暑さに比較的強く寒さに弱いことは
一般的に知られていますが、

では具体的に何度くらいに
設定すべきなのでしょうか?

また室温のほかにも
温かく過ごしてもらう手立てがあれば
知っておきたいところですよね。

そこで今回は冬場の猫の適温と、
温かく過ごすためのコツについて
解説していきたいと思います。


猫の冬の適温は18~26℃!寒い時に見せる3つの行動

夏場の猫の適温は27~29℃くらいですが
冬場の適温は18~26℃くらい。

ちなみに筆者宅では23℃を目安に
暖房を調整しています。

さすがに18℃では
人間の私が寒すぎますからね(笑)

また、暖かい場所とそうでない場所を作って
自由に行き来できるようにしてあげると親切。

人間でも温まりすぎて涼しい場所へ
行きたくなることってありますからね。

一般的に長毛種の猫ちゃんは寒さに強く
短毛種の猫ちゃんは寒さに弱い
とされていますが、

猫ちゃんによっても個体差があるので
「うちの子」の好みの温度が
どれくらいかを把握しておくとよいでしょう。

そのためにチェックしたいのが、
寒いときに猫が見せる3つの行動です。

  • 体をブルブルと震わせる 
  • 毛を逆立てて体をふくらませる
  • 身体を丸める

次からの項目でそれぞれ詳しくお伝えします。

1.体をブルブルと震わせる 

猫は寒いと体をブルブルと震わせます。

筋肉によって熱を生み出すための動きで、
人間とまるっきり同じ。

過酷な環境で生きる野良猫ちゃんに
よく見られる姿ですよね。

ちなみに筆者宅の猫はこのような様子は
見せたことはありません。

寒くてブルブル震えるという状況になる前に
暖房をつけているからです。

おかげで猫風邪にかかったことは
一度もないんですよ。

2.毛を逆立てて体をふくらませる 

また猫は寒さを感じると
被毛を逆立てて体をふくらませます。

これは体の周りにあたたかい空気の層を
作ろうとするため。

人間がダウンジャケットを
着るようなものですね。

3.身体を丸める

寒さから身を守るため、
猫は体を丸めます。

体表の面積を減らし、
熱が逃げるのを防止するためです。

多頭飼いの場合は複数でくっついて
猫団子状態になることでしょう。

「猫はこたつで丸くなる」といわれますが、
実際に猫がこたつに入ると
伸びきっていますよね。

これは体が温まって、
熱が逃げても構わない状態だからです。

寒さに弱い猫が温かく過ごすための3つのコツ

以上、3つの状態が見られたら
猫は寒がっているので室温をあげてください。

また室温調整のほかに、
猫が温かく過ごすためのコツを3つご紹介。

  • 日中に日光浴をさせる
  • 暖かい寝床を作ってあげる
  • 乾燥を防ぐために適度な湿度を保つ

次からの項目でそれぞれ詳しくお伝えします。

1.日中に日光浴をさせる

日中太陽が出ているうちに
日光浴をさせてあげましょう。

リラックス効果はもちろんのこと、
体を温めることができます。

また殺菌効果も期待できますよ。

ただし被毛が白い部分が多い猫の場合は
紫外線を繰り返し浴びることで
日光皮膚炎になるおそれがあるので

UVカットの窓ガラスに変更するなどの
ケアが必要です。

2.毛布やブランケットを用いて暖かい寝床を作ってあげる

猫は1日の大半を何箇所かの寝床で
寝てすごしています。

暖かく寝床を複数用意しましょう。

毛布やブランケットを敷いたり、
こちらの動画のようなドーム型のベッドも
冷気にふれにくくなるのでオススメです。

▼ドーム型の猫ベッドに入る猫の動画

高齢猫や体調を崩しがちな子には
ペットヒーターもよいでしょう。

ただし低温やけどには
気をつけてあげてくださいね。

3.乾燥を防ぐために適度な湿度を保つ

猫の体を温めるため、と
エアコンなどの暖房器具を使用すると
低くなりがちなのが湿度。

空気が乾燥すると
呼吸器の粘膜がダメージを受け、
ウイルスに感染しやすくなるといわれています。

猫風邪を引かせないよう
適度な湿度が必要なので、
洗濯物を室内に干すなどして
湿度は50~60%に保ちましょう。

適温とともに適切な湿度を保つこと、
これはもちろん私たち人間の
風邪やインフルエンザ予防にも

役立ってくれますよ。

まとめ

猫の冬の適温は18~26℃くらい。

長毛種・短毛種、
また猫ごとの個体差もあるので
おうちの猫ちゃんの様子を
観察し
ましょう。

  • 体をブルブルと震わせる 
  • 毛を逆立てて体をふくらませる
  • 身体を丸める

といった様子が見られたら
猫が寒がっている証拠なので
エアコンなどで室温を上げてあげましょう。

また室温調整以外に暖かく
過ごさせるコツとして、

  • 日中に日光浴をさせる
  • 暖かい寝床を作ってあげる
  • 乾燥を防ぐために適度な湿度を保つ

などがあります。

猫風邪を引かせないよう飼い主さんは
冬の支度をバッチリ整えていきましょうね。

また、夏に快適な空間を作るための
コツについてはこちらの記事をどうぞ。

猫の夏バテ対策!夏でも快適な空間を作るためのコツとは?

夏は熱中症に要注意ですよ。





ペットの『臭い』が気になる人必見!

ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア



Sponsored Links


今ならペット保険が月700円から入れる♪
愛猫の健康、心配ですよね?

実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
確率が80%というデータが出ています。

※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険って、
『どんなサービスあるのか分からない!』
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険が愛猫に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたには、
ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、
愛猫にピッタリな保険がわかります。

⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪


\ アンケートお願いするニャン♪/
↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

ライター紹介 ライター一覧

舟坂 ちよみ

舟坂 ちよみ

猫2匹と暮らすライターです。

日々ニャンズから幸せをもらっているので、
そのお返しができるよう勉強したくて愛玩動物飼養管理士になりました。

我が家のニャンズと触れ合うことはもちろん、
猫マンガや猫映画を楽しむことも大好きです!

関連記事

  • 猫vs蛇はどっちが勝つの?噛まれた時や食べてしまった場合の対処法

  • 猫の元気がないけど食欲はある!理由はストレスって本当?

  • 猫がごろんと転がるのは信頼の証?お腹を見せるときの6つの心理を紹介

  • 猫のひげから気持ちが分かる!どんな動きや仕草なの?

  • 猫のおならはどんな臭い?臭いときは病気なの?

  • 猫は幽霊を追い払う?災いを払い幸せを招く猫の特徴も紹介