1. TOP
  2. 病気
  3. 猫が元気がないのは冬だから!部屋を温かくして様子を見れば大丈夫?

猫が元気がないのは冬だから!部屋を温かくして様子を見れば大丈夫?

病気  

猫と暮らす人にとっての願いは、
愛猫がいつも元気いっぱいでいることですよね。

ですが、冬を迎えると
猫が元気がないことがよくあります。

その原因は、寒さや、季節的なものが
もたらす病気なのかもしれません。

私たち人間と同様に猫も、
寒い冬に体調を崩したり病気をしたり
しがちなのということを理解し、
その上で猫に必要なケアをしていきたいですね。

そこで今回は
冬に猫が元気がないときの理由や
かかりやすい病気について
解説していきたいと思います。




猫は冬の寒さが苦手!元気がなく動かないのは寒いから!

猫の先祖であるリビアヤマネコは
砂漠地帯に生息していたことから、
猫は比較的暑さに強く寒さが苦手と
されています。

そのため、
冬に猫が元気がない状態を防ぐためには
以下のような点を留意することが大切です。

  • 快適な温度は18~26度、湿度50~60%
  • 寒暖差が10度以上になると体調を崩しやすい

次からの項目でそれぞれ詳しくお伝えします。

1.猫にとって快適な温度は18~26度、湿度50~60%の空間

猫が快適に過ごせる温度と湿度については
いろいろな説がありますが、

  • 温度18~26度
  • 湿度50~60%

くらいがよいでしょう。

猫によっても好みがあるので、
愛猫がどれくらいの温度を好むのか
観察してみるのもよいでしょう。

  • 体を震わせる
  • 毛を逆立てて膨らませる
  • 体を丸める

こういった状態がみられたら
猫は寒く感じています。

エアコンなど暖房器具を調整して
部屋を暖めてあげましょう。

また猫は、空気が乾燥しすぎると
人と同じように呼吸器の粘膜が
ダメージを受けてウイルスに
感染しやすくなってしまいます。

加湿器を作動させたり、
洗濯物を干すなどして部屋の湿度を
50~60%に保つように心がけましょう。

2.部屋の寒暖差が10度以上になると体調を崩しやすい

1日の中で寒暖差が10度以上になると
体に負担がかかって、
猫は体調を崩しやすくなります。

人が眠る時間帯はエアコンなど暖房器具を
オフにするお宅もあるかと思いますが、
冷え込みが厳しい日はつけたままに
してあげるのも手です。

それが難しそうであれば
寝床をドーム型のものにしたり、
毛布を増やしてあげたりなどのケアをして
猫を冷気から守ってあげましょう。

また猫が元気がないときは
まず自宅でセルフチェックしてみましょう。

猫の元気がないのは原因不明が多い!病院へ行く前に試したいセルフチェック

元気がない原因をしぼりこんで、
適切なケアをしてあげたいですね。

Sponsored Links

猫が冬に元気がないのは寒さでだけでなく病気?かかりやすい3つの病気を紹介

冬に猫が元気がないのは、
もしかすると病気にかかっているから
かもしれません。

猫が冬にかかりやすいのは以下の3つの病気。

  • 冬は水分摂取量が減ることによる【尿路結石】
  • 換毛期による【毛球症】
  • 免疫力の低下による【猫風邪】

次からの項目でそれぞれ詳しくお伝えします。

1.冬は水分摂取量が減ることによる【尿路結石】

冬に猫が元気がないときに
疑わしい病気の1つに、
尿路結石が挙げられます。

猫は気温が下がるにつれて、

  • 寒くて水を飲みにいくのが面倒
  • 水が冷たくて飲みたくない
  • 動かないから喉が乾かない

などの理由から
飲水量が少なくなる傾向があります。

こうして水分摂取量が減ることが
一因となって引き起こされるのが
尿路結石(下部尿路症候群)。

尿の濃度が濃くなってできた
結晶が結石になり、
尿道がつまってしまうことなどを指します。

症状としては

  • 尿がキラキラ光る
  • 尿が出にくくなる、出ない
  • 血尿

などが挙げられます。

急性腎不全になって尿毒症になると

  • 食欲がない
  • 繰り返し吐く
  • 体温の低下

などの症状があらわれ、
極めて危険な状態になるので、
入院しての治療が必要になります。

治療は、尿道にカテーテルを挿入したり
超音波などで破砕することで
結晶や結石の除去を行います。

それらが難しいときは
手術による外科的な治療が必要になることも。

また食事療法や抗生物質などによる
内科的治療も行われます。

下部尿路症候群に配慮した
フードを与えたり、

  • 常に新鮮な水を与える
  • ぬるま湯を与える
  • 自動給水機で水を与える
  • またたび水を与える
  • ウエットフードに水を足して与える

上記のような
水分を積極的に摂取させる工夫を
するなどして予防していきたいですね。

猫が元気がなくてご飯を食べないときは
こちらの記事を参考にどうぞ。

猫がご飯食べない!元気がない時は餌を切り替えるべき?

愛猫が気に入るフードを与えて
元気を取り戻してあげたいですね。

2.換毛期による【毛球症】

冬に猫が元気がないときに
疑わしい病気の1つに、
毛球症が挙げられます。

猫と暮らしてる人なら一度は
目にしたことがあるのが毛玉を吐く様子。

「ケコッケコッ」という独特の音をさせて
時々吐いていますよね。

これはグルーミング(毛づくろい)で
飲み込んだ毛を吐き戻す、
正常な行動です。

ですが、

  • 飼い主のブラッシング不足
  • ストレスによる過剰グルーミング
  • 吐き出し不足

などが原因で
胃に毛が溜まってしまうことがあります。

このようにして溜め込んだ毛が
消化器官内で大きい毛玉になって、
体外に排出できなくなる病気を
毛球症といいます。

春先と晩秋の換毛期は
特に抜け毛の量が増加するので、
この時期は毛球症に要注意なのです。

毛球症になった猫は胃や腸の粘膜が
炎症を起こして出血することがあり、
そのような場合は猫は
ピンク色の液体を吐きます。

「ケコッケコッ」という音をさせて
吐くそぶりを見せても毛玉を吐かなかったり、

  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 便秘
  • 下痢

などの症状がみられたら
体内に大きな毛玉が出来ている
可能性があり、
毛球症が疑われます。

早めに病院へ連れていきましょう。

症状が軽い場合は毛球除去剤を服用させて
便と一緒に排出させますが、
毛球除去剤の効果がなく症状が重い場合は
開腹手術によって直接毛玉を除去します。

毛球症の予防には、
よくブラッシングをしてあげることが
一番です。

1日1回のこまめなブラッシングで
無駄な毛をとり、猫が飲み込む毛の量を
減らしてあげましょう。

Sponsored Links

3.免疫力の低下による【猫風邪】

冬に猫が元気がないときは、
猫風邪にかかっているおそれがあります。

空気が乾燥することによる
ウイルスや細菌の活性化や、
寒さによって猫の身体が冷えることで起こる
免疫力の低下が原因のようです。

猫風邪は猫が咳をしたり鼻汁を出したりして
風邪のような症状を見せるもので、
主に喉や気管などの呼吸器に
ウイルスが感染したことが原因です。

代表的なのは

  • 猫カリシウイルス
  • 猫ヘルペスウイルス

どちらに感染した場合も
同じような症状を起こします。

  • 鼻汁
  • くしゃみ
  • 声が出なくなる

などのほか、

  • 緑や黄色の目やにが出る
  • まぶたが腫れる

といった結膜炎の症状が現れたりもします。

こちらの猫ちゃんも
くしゃみを連発して苦しそうです。

▼猫風邪でくしゃみを連発する猫の動画

軽い感染症では特に治療をしなくても
3~4日で回復してしまいますが、
重いときには40度以上の熱を出して
食欲がなくなって何日も食べないこともあり

体力のない幼猫や高齢猫はそのために
死亡してしまうこともあります。

治療は抗生物質や抗炎症薬などを内服させ、
点眼薬や点鼻薬を併用して行います。

猫カリシウイルス、猫ヘルペスウイルス、
共にワクチン接種することで予防が可能です。

他の猫への感染防止のため、
猫風邪にかかっている猫と触れ合ったあとは
手洗いをしっかり行いましょう。

まとめ

冬に猫が元気がない状態を防ぐためには
以下のような点に留意しましょう。

  • 快適な温度は18~26度、湿度50~60%
  • 寒暖差が10度以上になると体調を崩しやすい

冬に猫が元気がないのは、
もしかすると病気のせいかもしれません。

猫が冬にかかりやすいのは
以下の3つの病気です。

  • 冬は水分摂取量が減るのことによる【尿路結石】
  • 換毛期による【毛球症】
  • 免疫力の低下による【猫風邪】

適切なケアをして
これらの病気を予防しましょう。

猫の元気がないのを改善するために
フードの切り替えを検討する際は
こちらの記事が参考になりますよ。

猫の元気がないのを改善するキャットフード!おすすめランキングTOP5

愛猫にぴったりな一品を選んであげましょう。

また猫の元気がないときは
サプリメント摂取もおすすめですよ。

猫の元気がないときに効果的なサプリメント!人気ランキングTOP5

どれも人気なので
口コミも是非参考にしてみてください。





ペットの『臭い』が気になる人必見!

ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア



Sponsored Links


今ならペット保険が月700円から入れる♪
愛猫の健康、心配ですよね?

実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
確率が80%というデータが出ています。

※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険って、
『どんなサービスあるのか分からない!』
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険が愛猫に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたには、
ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、
愛猫にピッタリな保険がわかります。

⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪


\ アンケートお願いするニャン♪/
↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

ライター紹介 ライター一覧

舟坂 ちよみ

舟坂 ちよみ

猫2匹と暮らすライターです。

日々ニャンズから幸せをもらっているので、
そのお返しができるよう勉強したくて愛玩動物飼養管理士になりました。

我が家のニャンズと触れ合うことはもちろん、
猫マンガや猫映画を楽しむことも大好きです!

関連記事

  • 猫の皮膚病はカビが原因!真菌は人間にも移るって本当?

  • 猫の目やにの色で健康状態がわかる?症状や病気の可能性は?

  • 猫の瞬膜が赤いのは病気?原因と治療法を紹介

  • 猫が嘔吐を繰り返す!茶色の液体を吐く時の原因と対処法は?

  • 猫の皮膚病でフケが出る!病院に行くかを判断するセルフチェックも紹介

  • 猫の白血病はどんな病気?初期と末期の具体的な違いとは?