1. TOP
  2. コラム
  3. 猫を飼いたい!費用は1ヶ月でどれくらい必要?

猫を飼いたい!費用は1ヶ月でどれくらい必要?

可愛くって愛くるしい猫ちゃんを飼いたい

でも、動物と暮らすのってお金がかかるから
と諦めているそこのあなた!

猫ちゃんって実は初期費用さえクリア
してしまえば、ランニングコストは
あまりかからないんですよ♪

基本的にはトリミングに出す必要も
ありませんし、少食なので
ご飯代も少なくて済むんです。

今回は猫ちゃんと暮らす際にかかる
さまざまなコストを紹介します。

まずは猫ちゃんと暮らすために
一ヶ月にかかる費用を確認しましょう!




猫を飼いたい人が知っておくべき1か月の費用とは?


猫ちゃんとの暮らすには、
どんなことに費用が発生するのでしょうか?

ここでは猫ちゃんと一緒に暮らす際、
一般的にかかる費用
項目別に紹介していきます。

ランニングコスト
  • 食事代
  • おやつ代
  • トイレ
  • おもちゃや日用品
  • ペット保険

こちらは毎月費用がかかる可能性があります。

では、それぞれ
どれくらいの金額なのでしょうか?

1.食事代

生活ために必ず必要なものと言えば、
人間同様ご飯が必ず必要になりますね。

猫ちゃんと暮らす上で最も
ランニングコストがかかるのが食事代です。

猫ちゃんのご飯の値段は
安いものから高いものまで
さまざまな種類が販売されています。

NBフード プレミアムフード
1kg1,000円ほど 1kg2,000円ほど
穀物が主原料 肉類が主原料

大きく分けると、穀物主成分のNBフードと
肉類が主成分であることが多い
プレミアムフードです。

猫ちゃんのご飯は通常
1日2回あげるお家が多いです。

食事の量は猫ちゃんの大きさにもよりますが、
2〜3kgの猫ちゃんなら1回に20g〜30g
くらいの量が調度いいカロリーの摂取量です。

ですので一ヶ月に食べるご飯の量は
1.2〜1.8kg、プレミアムフードを与えても
1ヶ月3,000〜5,000円程です。

NBフードなら1ヶ月1,000円ほど
済ますこともできます。

こちらは通販で購入できる良質で安価な
キャットフードを紹介した記事です。

ぜひ、参考にして見ましょう!

⇒通販で安いキャットフード5選!おすすめ&評判をまとめてみた

2.おやつ代

人と同じように、猫ちゃんもおやつが大好き

でも、可愛いからってあげすぎたら
肥満や病気の原因になってしまいます。

おやつが欲しくてご飯を食べなくなってしまう
猫ちゃんもいるので、おやつってあんまり
あげない方が猫ちゃんのためなんですよね…

なので、極論を言えばおやつ代は
0円で済ますのが理想です。

どうしてもあげたい飼い主さんは
おやつのあげすぎ防止も含めて
月300円ほどに抑えることをおすすめします!

こちらの記事では猫ちゃんのおやつについて
詳しく紹介しています。

正しいおやつのあげ方を確認しましょう♪

⇒猫のおやつの頻度はどれくらい?正しいタイミングと量とは?

Sponsored Links

3.トイレにかかる費用

猫ちゃんのトイレにかかる費用は猫砂代です。

猫砂ってとっても安価なものが多いので、
基本的には一ヶ月にかかる費用は
1,000円未満で済むと思って問題ありません♪

トイレの正しい掃除の仕方を確認したい人は
こちらの記事を確認してくださいね!

⇒猫のトイレの掃除回数は?簡単な掃除の仕方を紹介

4.おもちゃや日用品代


おもちゃがあったら
猫ちゃんも喜んでくれますね!

猫ちゃんっておもちゃを壊さない
お利口さんな子が多いんです♪

一度購入してあげれば、
長く使えることが多いんですよ。

300円ほどで購入できますが、
あまり小さなものは
吹っ飛ばして紛失してしまうことがあります。

隙間に入り込まない
小さすぎないサイズのものがおすすめです!

日用品には爪とぎがありますね。

爪とぎは100円ほどの安いものを使用すれば
月100〜200円ほどです

猫ちゃんが楽しんで遊んでくれるおもちゃは
こちらのページで紹介しています!

ぜひ参考に選んで見てください♪

⇒【人気】ひとりで遊べる!猫のおもちゃおすすめランキング!

5.ペット保険の費用

なんと、手術のみのペット保険なら
月1,000円未満のものもあるんです。

保障内容がしっかりしたものだと
月3,000〜4,000円くらいが目安です。

コンスタントに発生する費用は
だいたい分かってきましたね。

では問題の初期費用って
どれくらいかかるのでしょうか?

どんな保険を選んだらいいのか分からない…
という人はこちらの記事を参考にしましょう!

⇒猫のペット保険ランキング!人気別で徹底比較【口コミ】

猫を飼うための初期費用はどれくらい必要?その内訳は?


猫ちゃんの初期費用には、

初期費用
  • 健康診断
  • ワクチン接種

上記が必要です!

猫ちゃんを里親や人から譲ってもらう場合は
初期費用も抑えられますね。

ペットショップやブリーダーから
お迎えする場合には、
猫ちゃん代金が発生します。

 

1.健康診断にかかる費用

子猫を迎えるのであれば、
健康診断は簡単なもので充分です!

子猫のうちは血液検査を行っても
正確な数値が出ないため、検便や触診、
聴診、目視が主流です。

初診料を合わせて費用は
2,000〜3,000円で抑えられることが
ほとんどですよ。

猫ちゃんの健康診断費用がどれくらいの
金額なのか確認したい人は
こちらの記事で確認しましょう。

⇒猫の健康診断の費用はいくら?受ける頻度や項目で変わるの?

Sponsored Links

2.ワクチン接種にかかる費用

病院や迎えるお店によっても費用は
異なりますが、猫ちゃんのワクチンは
生まれた年は2〜3回行うことが多いです。

20,000円前後で済むことが多いでしょう。

⇒猫のワクチンの費用は全部でどれくらい?絶対に必要なの?

では、急な出費にはどんなことが
あるのでしょうか?

猫にかかる年間&臨時に必要な費用とは?


通常は発生しない金額でも、
お家や猫ちゃんの事情によって発生する
臨時の出費もありますよね。

お出かけするならペットホテルに
預ける必要がありますし、
お家で爪切りができなかったら
ペットショップや動物病院に
お願いする必要があります。

臨時の出費
  • シャンプー、トリミング
  • 病気やケガ
  • 去勢や避妊手術
  • ペットホテルやペットシッター

極力抑えたい臨時の出費ですが、
金額はどれくらいかかるのでしょうか?

1.シャンプーやトリミングにかかる費用

猫ちゃんの場合、残念ながらシャンプーや
トリミングは行えない場合が多いです。

猫ちゃんの皮膚ってとても薄いので、
バリカンをかけると皮膚が
裂けてしまう可能性があるんです…。

基本的にはシャンプーも
自宅で行うことになります。

お店でやってもらうことは爪切りと
耳掃除ですが、それも自宅でできるなら
費用は抑えることができます

小さいうちから慣らしてあげてくださいね♪

爪切りなどをお店でやってもらう場合には
500〜1,000円というお店が多いです。

⇒猫のシャンプーはサロンお任せ?チェックすべき5つの注意点

2.病気やケガの場合の治療費

動物病院の費用は「自由診療」と言って、
価格を病院で自由に決めることができます。

なので、病院によって値段はさまざま

お腹の中に虫が発生した場合は
検便と虫を下すお薬などの処方、
初診料(もしくは再診料)などが発生します。

基本的には通院になるため、
10,000円ほどの治療費
見ておいた方がいいでしょう。

骨折などの場合は200,000円ほどの
費用がかかる場合もあります。

こちらの記事では猫ちゃんが皮膚病に
なった際の治療費を紹介しています。

参考にしてみてください!

⇒猫の皮膚病!治療費はいくら用意すれば良い?種類別に紹介!

3.去勢や避妊にかかる費用

男の子の去勢手術なら20,000円前後
女の子の避妊手術なら30,000円前後
予算に入れておきましょう。

こちらも病院によって費用が
大幅に異なるため、
一度病院に問い合わせておきましょう。

去勢避妊ってしたほうがいいの?
と疑問がある飼い主さんは
こちらの記事を参考にしてみましょう!

⇒猫の去勢費用はどのくらい?オスが手術するメリットは?

4.ペットホテルやペットシッターにかかる費用

ペットホテルの場合には
1泊3,000前後が主流です。

ペットシッターの場合も
3,000円前後ですが、夜には飼い主さんが
帰宅することが前提になります。

まとめ


いかがでしたか?

猫ちゃんのランニングコストは
豊かな生活をしている猫ちゃんでも
月10,000未満で生活することが
充分可能
です。

それだけで毎日可愛い猫ちゃんと
暮らせるなんて嬉しいですよね!

猫ちゃんがお家にいるだけで、
毎日お家に帰るのが
とっても楽しみになりますよ♡

ぜひ猫ちゃんと幸せな生活を送ってくださいね♪

こちらの記事では猫ちゃんの性格別に
飼いやすい猫ちゃんを紹介しています。

選ぶ際にはぜひ参考にしてくださいね♪

⇒優しい性格の猫ランキング!初心者でも飼いやすい種類は?





ペットの『臭い』が気になる人必見!

ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア



Sponsored Links


今ならペット保険が月700円から入れる♪
愛猫の健康、心配ですよね?

実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
確率が80%というデータが出ています。

※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険って、
『どんなサービスあるのか分からない!』
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険が愛猫に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたには、
ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、
愛猫にピッタリな保険がわかります。

⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪


\ アンケートお願いするニャン♪/
↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

ライター紹介 ライター一覧

ひなた

ライターのひなたです。
小さい頃からワンちゃんや猫ちゃんたちと一緒に生活しており、
ペットショップでもワンちゃんや猫ちゃんのお世話やトリミングなどを長年行っていました。

ペットショップでは
まだ目も開いていない仔猫を拾った新米飼い主さんの相談に乗ることも多々あり、
たくさんの猫ちゃん達との出会いがありました。

仔猫のお世話はケースバイケースです。
1匹1匹の猫ちゃん達が飼い主さんにたくさんの喜びや幸せと、
時には大きな不安を与えることもあります。
毎日の生活の中で出てくる皆さんの疑問や不安を解消し、
安心に変えるお手伝いができるよう、
培った経験を生かして豊富な情報をお届けしていきます!

関連記事

  • 猫の肉球の怪我!症状別に対処方法をご紹介!

  • 猫のおならはどんな臭い?臭いときは病気なの?

  • 猫は血液型によって性格が違う!?その種類や割合とは?

  • 猫の寝相が悪いのは病気?変な寝方をしているときの対処法を紹介

  • 猫のひげから気持ちが分かる!どんな動きや仕草なの?

  • 猫の年齢は見た目で判別できる?見分け方のポイントを紹介!