1. TOP
  2. 病気
  3. 猫の風邪ってどんな症状?自宅でできる対処方法は?
Sponsored Links

猫の風邪ってどんな症状?自宅でできる対処方法は?

病気
  143 Views

猫の風邪は、猫の飼い主さんにとっては
伝染病としてかなり身近な病気ですよね。

とにかく感染力が強くて、同居猫が風邪を引くと
あっという間に他の猫へと移ってしまう。

人間の風邪は原因不明のことが多いのですが、
実は猫の風邪は原因となる病原体が
ある程度ハッキリしています。

猫の風邪の原因、症状、薬など、おうちの猫が
風邪をひいた時に悪化しないよう
風邪について知ってきましょう。

早めに対処することで、治療も短期で
済むことがとても多いんです。

Sponsored Links

猫も風邪を引く!?どんな症状なの?

猫の風邪の症状を紹介していきます。

似ているのですが微妙に
それぞれの特徴があるんです。

風邪症状はみんな似ているので、
総称して上部呼吸器疾患と呼ばれます

1.ヘルペスウイルスによる風邪の症状

ヘルペスウイルスによる風邪の症状は、
発熱、沈鬱、鼻汁、結膜炎、
口腔・鼻腔の分泌物などです。

熱と鼻水が人間の風邪と似ているので
猫風邪と称されていますが、原因は
まったくの別物なんです。

このウイルスは飛沫感染するので、
もしおうちの猫が風邪をひいてしまったら
他の猫がいる場合には隔離をしたほうが安心。

2.カリシウイルスによる風の症状

カリシウイルスによる風邪の症状は、
ほとんどヘルペスウイルスによるものと同じです。

このウイルスの特徴は、舌や口腔内に水疱
形成することです。

ヘルペスとカリシは見分けが難しいし、
実際確定診断はウイルス検査を行わないと
分かりません。

しかし、この水疱があると
「もしかして・・・」という位の
指標にはなります。

3.クラミジアによる風の症状

クラミジアは、ヘルペスウイルスや
カリシウイルスによる風邪と区別が付き辛いです。

つまり、主な症状は鼻水と目やに

片目の結膜炎を始まりとして、
呼吸器症状もひどくなっていきます。

ヘルペスウイルスやカリシウイルスよりも
症状が改善しにくいやっかいな病気。

5週から3ヵ月の子猫に感染しやすく、
1度感染すると何度も再発を
繰り返すことがあります。

5種以上のワクチンに含まれていて、
外に出かける猫や多頭飼いの猫
予防した方が無難です。

ちなみに、人間のクラミジアやオウム病などとは
厳密には別のウイルスなので、
人獣共通感染症ではありません。

Sponsored Links

猫の風邪の原因は何?

猫の風邪の原因は、上でも紹介したとおり
病原体です。

人間の風邪は感冒症といって
原因不明のことも多いので、症状は似ていますが
別物なんです。

原因がはっきり分かるからこそ、
適切な薬を使ったりすることで治療できます。

もちろん中には複数の原因がある子もいるので
完治が難しいこともありますが、症状の改善や
悪化の阻止が可能になるんです。

あまりにも猫の風邪が治らない時には、
早めにウイルス検査をしておくのも
ひとつの手です。

これらの病原体は症状が良くなっても
身体に潜んでいて、ストレスなどで
再発することも多々あるため何が潜んでいるか
知っておくことで飼い主さんの心構え
違ってくるんです。

Sponsored Links

猫の風邪の症状!自宅でできる対処方法とは?

猫の風邪の治療でてっとり早いのは
病院に行き診察を受けることですが、
すぐに行けないことも多いですよね。

自宅でできる対処法があると便利ですね。

自宅でできるのは、猫のいる場所を温かくして
あげて、缶詰など匂いの強いごはん
あげることです。

要するに、体力をつけて休養してもらう。

鼻水で匂いがわかり辛くなっているので、
普段のドライフードは食べなくても
匂いの強いものなら食べることも多いのです。

多頭飼いしている人は、他の猫に移らないように
双方をしばらく隔離しましょう。

本当に恐ろしい速さで伝染するんです。

1.鼻水が出ている場合の対処方法

猫の風邪は、たいていの猫が鼻水を出します

これが原因で鼻詰まりを起こし、
匂いが分からなくなることで
食欲が落ちてしまう子が多いのです。

もちろん薬を使うのも大切ですが、
効果が現れるまでに自分も猫に
何かしてあげたい人もいますよね。

簡単な対処法は、鼻水が固まる前に
拭いてあげること。

鼻水が乾いてカリカリになると、
それだけで鼻の皮膚が荒れてしまいます。

それを防ぐために、優しく鼻を拭きます。

ゴシゴシしちゃダメですよ。

猫のくしゃみ・鼻水について
他のページでも紹介しているので、
チェックしてみてください↓

⇒猫がくしゃみで鼻水や涙が止まらない!原因&対処法は?

Sponsored Links

2.くしゃみが出ている場合の対処方法

猫が少しくしゃみをするくらいなら
可愛い仕草ですが、ずっと止まらないと
苦しそうですよね。

鼻水が出ているとくしゃみも出るので、
鼻水とくしゃみはセットです。

くしゃみが出る段階になっていると、
身体の中でウイルスがある程度増えて
他の猫に感染できる段階ということ。

対処法としては、同居猫との隔離が第一です。

風邪の子がくしゃみをしている時に
他の猫が側にいると、同居猫の方も
風邪をひく可能性が高まります。

他のページでも猫のくしゃみについて
紹介しているのでチェックしてみてください↓

⇒猫のくしゃみ!アレルギーと風邪を見分ける5つのポイント

猫の風邪薬!市販薬では何がおすすめ?

猫の風邪薬で1番効果があるのは、
やはり病院で処方される薬です。

でも、最初はなんとか市販の薬でという
事情の人もいますよね。

そんな緊急事態におすすめなのは、
メニにゃんEye+(プラス)というサプリです。

L-リジンというアミノ酸サプリなのですが、
このアミノ酸がヘルペスウイルスの
遺伝子複製を阻害することができるのです。

抗ウイルス薬よりは効果が薄いですが、
効く子にはてきめんに効くので
試してみてください。

Sponsored Links

猫の風邪は自然治癒で治る?

猫の風邪は自然治癒でも治る子がいます。

しかしくすぶり続けることも多いので、
その結果待っているのは潜伏感染です。

万一悪化すると肺炎や副鼻腔炎など、
他の疾患が併発することもあるので
早めに病院に行き治療するのが最善です。

確かに動物医療って国民保険のような
仕組みがなく高いですが、可愛い猫が
健康で過ごせるようにそのくらいは
出費してあげてくださいね。

猫の命綱を握っているのはあなたですよ。

まとめ

猫の風邪は身近な病気ですが、いざおうちの猫が
なってしまうとどうして良いか分かりませんよね。

ポイント
  • 猫の風邪症状は、くしゃみ・鼻水・目やに
  • 原因はネコヘルペスウイルス、
    ネコカリシウイルス、ネコクラミジアが
    三大病原体
  • 最善・最速の治療は病院に行くこと

人間だと風邪は放っておけば治ることも
多々ありますが、猫の風邪は人間の風邪とは
まったくの別物です。

同じと考えて放置せずに、症状がひどくなる前に
何らかの対処をしてくださいね。

猫の風邪薬について
他のページで紹介しているので
チェックしてみてください↓

⇒猫の風邪の薬!市販や通販で買えるおすすめ10選!

Sponsored Links





ペットの『臭い』が気になる人必見!

ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。







\ SNSでシェアしよう! /

にゃんたんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

にゃんたんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア



今ならペット保険が月700円から入れる♪
愛猫の健康、心配ですよね?

実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
確率が80%というデータが出ています。

※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険って、
『どんなサービスあるのか分からない!』
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険が愛猫に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたには、
ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、
愛猫にピッタリな保険がわかります。

⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪


Sponsored Links


\ アンケートお願いするニャン♪/
↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

ライター紹介 ライター一覧

比嘉 めぐみ

比嘉 めぐみ

動物が好きで、小動物病院で5年間勤務していました。
今興味があるのはホリスティックと皮膚科なので、どんどん勉強していきたいです。